ウェルネス プチアントレ 柔らか煮込み チキン ビーフ&サーモン入り

ウェルネス プチアントレ 柔らか煮込み チキン ビーフ&サーモン入りの批評(ウエット)

ウェルネス プチアントレ 柔らか煮込み チキン ビーフ&サーモン入りはいぬわーんで中間評価の3つ星と判断されました。

評価:

ウェルネス プチアントレ 柔らか煮込み チキン ビーフ&サーモン入り

ウェルネス プチアントレ 柔らか煮込み チキン ビーフ&サーモン入り

Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探す

※成犬用、グレインフリー

以下は同メーカーの関連製品です。ペットフードの表示に関する公正競争規約に則っている場合は、総合栄養食の表示とドッグフードが適応する成長段階が併記されています。

G=子犬、M=成犬・老犬、A=オールステージ、U=不明

重要:大型犬の子犬のためにドッグフードを選ぶ場合は、成長段階が成長期とオールステージに該当していても「大型犬の子犬にとって安全であるか」を確認してください。

ウェルネス プチアントレ 柔らか煮込み チキン ビーフ&サーモン入りの原材料

原材料:チキン、チキン煮汁、鶏レバー、ビーフ、サーモン、いんげんまめ、パプリカ、タピオカでん粉、調味料、増粘安定剤(グアーガム、カラギナン)、ミネラル類、ビタミン類

赤字は物議をかもします。

粗灰分=3%, 粗繊維=1% (推定乾物繊維量=4.5%), 水分=78%

測定方法タンパク質脂質炭水化物
ラベル保証6%5%NA
乾物基準27%23%36%
熱量基準24%48%28%

このドッグフードの最初の原材料はチキンです。チキンは鶏の清潔な肉と皮です。骨の有無は問われません。羽毛、頭、足、内臓は含まれていません。人間用に売られている丸焼き用の内臓処理等を施された鶏と同じです。

チキンには犬が生命を維持するために必要な10種類の必須アミノ酸がすべて豊富に含まれています。

2番目の原材料はチキン煮汁です。鶏肉を水で煮込んで作るチキンスープで栄養価はほとんどありませんが、ドッグフードにチキン風味と水分を与えます。

3番目の原材料は鶏レバーです。鶏レバーは家禽屠殺による副産物ですが、由来する動物の名前が分かっているので栄養価の高い食材と考えられます。

4番目の原材料はビーフです。ビーフは屠殺された牛から得られる清潔な肉です。骨格のある筋の部分、または舌、横隔膜、心臓、食道にある部分に限定されます。

ただし、人間向けに販売される生肉と同様に脂肪、毛、筋肉に付随する他の組織(脂肪・軟骨・腱・神経・血管など)が含まれる場合があります。骨は含まれていません。

5番目の原材料はサーモンです。サーモンは優れたタンパク質源で油脂にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。また、ビタミンB群が多く、ミネラルではセレンとリンが豊富で銅、カリウムも適度に含まれています。

6番目の原材料はいんげんまめです。いんげん豆は緑黄色野菜で炭水化物源です。食物繊維も豊富でほとんどが不溶性繊維です。ミネラルはバランスよく適度に含まれており、ビタミンはB1が豊富でB6、葉酸が適度に含まれています。

いんげん豆は約20%のタンパク質を含むので肉の含有量を判断する際に考慮すべき要素です。

7番目の原材料はパプリカです。パプリカはビタミンCの豊富な供給源です。ビタミンB6も適度に含みます。

8番目の原材料はタピオカでん粉です。タピオカでん粉はグルテンフリーの炭水化物です。つなぎの役割を担います。

ここまで原材料をリストの上から順番に見てきました。この製品には他にも多くの原材料が含まれていますが、これよりも下に位置する原材料は評価に影響を与えそうにありません

ただし、3つの例外があります。

まず、調味料です。ペットフード安全法では添加物の一括表示が認められています。[1] 調味料には物議をかもすグルタミン酸ナトリウムなどの化学調味料が含まれている可能性があります。読者の注意を引くため赤文字にしました。

次に、グアーガムカラギナンです。

グアーガムはグアー豆から得られる水溶性の天然多糖類のことです。ウエットフードでは増粘剤、安定剤、ゲル化剤として広く用いられています。

カラギーナンは紅藻類から抽出したゼラチン状の増粘剤です。今まで安全と思われてきましたが、昨今はいくつかの議論があるようです。

低評価を下す原材料と見なしてはいませんが、注意が必要であると考えます。犬が消化不良の病歴を持っている場合はカラギーナンを含まないものを探すのが良いでしょう。

最後に、ミネラル類ビタミン類です。

ペットフード安全法では条件を満たせば栄養強化剤の一部を省略することができます。条件は缶詰製品の内容量が100g以下または製品ラベルの表示可能面積が120cm2以下です。

省略例はビタミン (A,B,C) 」と表示する代わりに「ビタミン類」などのようにです。[1]

ビタミン類とミネラル類では何が含まれているのか分からないので評価を下すことができません。

ウェルネス プチアントレ 柔らか煮込み チキン ビーフ&サーモン入りの総合評価

ウェルネス プチアントレ 柔らか煮込み チキン ビーフ&サーモン入りは原材料だけで判断すると平均的なドッグフードに見えます。

しかし、原材料の品質だけではなく、成分 (タンパク質・脂質・炭水化物) と肉の含有量も評価を下すために重要です。

乾物基準ではタンパク質が27%、脂質が23%、推定炭水化物が36%と判明しました。

脂質とタンパク質の比率は約85%です。

一般的なウエットタイプのドッグフードと比較するとタンパク質は平均以下、脂質は平均的、炭水化物は平均以上。

熱量基準では総カロリーの48%が脂質なのに対し、タンパク質はたった24%しかありません。このドッグフードはすべての犬に適しているとは言えないかもしれません。

いんげん豆で総タンパク質を増加させることを考えると、このドッグフードは僅かな量の肉しか含んでいないように見えます。

ウェルネス プチアントレ 柔らか煮込み チキン ビーフ&サーモン入りは動物性タンパク質の供給源として僅かな量の由来が分かる肉類と魚類を使用した穀物を含まないウエットタイプのドッグフードです。星3の評価を下しました。

少しおすすめです。

評価はいぬわーんが推定した肉の含有量、脂質とタンパク質の比率、原材料の品質などの批評基準に基づいて決定しています。

ウェルネス プチアントレ 柔らか煮込み チキン ビーフ&サーモン入り

ウェルネス プチアントレ 柔らか煮込み チキン ビーフ&サーモン入り

Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探す

グレインフリーと心臓病の潜在的な関係性

アメリカ食品医薬品局 (FDA) は2019年6月27日にグレインフリー (穀物を含まない) と拡張型心筋症との潜在的な関係について3回目の調査状況を発表しました。

詳しくは「FDAがグレインフリーと心臓病との潜在的な関連性を調査対象にする」をご覧ください。

おわりに

いぬわーんは個人所有のWebサイトです。そしてペットフード製造業者といかなるアフィリエイト提携をしていません。

ただし、一部のオンライン小売業者 (Amazon・楽天市場・Yahooショッピング) からはアフィリエイト紹介料を頂いています。

これはいぬわーんの運営者を支援して、すべてのコンテンツを無料で公開することに繋がっています。

そしてドッグフードの批評を行う際に金銭的な誘惑によって評価を下すことなく、公平かつ偏りのない判断を下すことにも繋がっています。

詳細については「免責事項」をご覧ください。

リコール等情報

ドッグフードの最新リコールをすべて確認したい場合はこちらの「ドッグフードのリコール等情報」をご覧ください。

脚注

*1 農林水産省, ペットフード安全法 表示に関するQ&A

-星3

© 2021 いぬわーん