ウェルネス 穀物不使用 ドッグフードの批評(ドライ)

ウェルネス穀物不使用 全犬種用 1歳以上用 白身魚

ウェルネス 穀物不使用 ドッグフードはいぬわーんで最高評価の5つ星を獲得しました。

評価:

ウェルネス 穀物不使用 ドッグフードは全部で3種類あります。以下はその3種類と評価をまとめた表になります。表の成長段階に書いてある記号はそれぞれの頭文字を取ったもので【G=子犬、M=成犬・老犬、A=オールステージ、U=不明】の意味があります。

また、ここでは3種類を代表してウェルネス穀物不使用 全犬種用 1歳以上用 白身魚を批評していきますが、他の種類の批評が見たい場合は表中の内部リンクを利用してください。

原材料とラベルの分析

ウェルネス穀物不使用 全犬種用 1歳以上用 白身魚

ドッグフードを選ぶ際には原材料に書かれた上から最初の10品目を見てください。原材料の表示は原則、重量順です。つまり、最初に書いてあるものがもっとも含有量が多いのです。

原材料:白身魚、じゃがいも、えんどう、メンハーデン(魚)ミール、ひよこ豆、乾燥粗挽きじゃがいも、キャノーラ油(ミックストコフェロールで酸化防止)トマトポマス、粗挽き亜麻仁、トマト、フィッシュエキス、にんじん、さつまいも、ほうれん草、りんご、ブルーベリー、チコリ根抽出物、ガーリックパウダー、ラクトバチルス・プランタルム※、エンテロコッカス・フェシウム※、ラクトバチルス・カゼイ※、ラクトバチルス・アシドフィラス※、コンドロイチン硫酸、ユッカ抽出物、グルコサミン、ミネラル類(亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、A、アスコルビン酸、B1、パントテン酸、B6、B2、D3、ビオチン、B12、葉酸)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)※乳酸菌

赤字は物議をかもします。

粗灰分=8%以下, 粗繊維=5.25%以下 (推定乾物繊維量=5.8%), 水分=10%以下

測定方法タンパク質脂質炭水化物
保証分析値26%12%NA
乾物基準28.8%13.3%48.8%
熱量基準28%31%41%


  • このドッグフードの最初の原材料は白身魚です。

    白身魚は水分を多く含んでいるので乾物でタンパク質量を考えると意外と少なくなりそうです。

    原材料の2〜6番目まではタンパク質をわりと多く含む食材が並んでいます。タンパク質は白身魚とメンハーデンミールだけで構成されていないですね。植物性も相当多く含んでいると見ていいかと思います。


  • 2,6番目の原材料はじゃがいも、乾燥粗挽きじゃがいもです。

    じゃがいもはグルテンフリーでビタミンC、カリウムを多く含んでいます。主成分はデンプン(炭水化物)で高GI食品に該当します。


  • 3,5番目の原材料はえんどう、ひよこ豆です。

    えんどう豆とひよこ豆は低GI食品に該当する炭水化物源です。食物繊維とタンパク質も多く含んでいます。グレインフリーで鉄板の食材ですね。


  • 4番目の原材料はメンハーデンミールです。

    メンハーデンはニシン科の魚です。ミールなので魚粉に加工されていますね。タンパク質源でカルシウムやリンなどのミネラルを多く含みます。魚粉加工されているのでオメガ3脂肪酸(DHA,EPA)は少ししか残っていません。


  • 7番目の原材料はキャノーラ油です。

    菜種のキャノーラ品種は遺伝子組み換えが行われている場合が多いので気になる方は避けたほうがいい油です。ミックストコフェロール(ビタミンE)で酸化防止されているのは良いことですね。

    キャノーラ油はオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)とオメガ6脂肪酸が理想的なバランスで含まれています。α-リノレン酸は体内でDHA,EPAに変換されて利用されます。変換率はあまり良くありません。


  • 8,10番目の原材料はトマトポマス、トマトです。

    トマトは栄養豊富の野菜でリコピンの供給源です。リコピンはビタミンEの100倍とも言われる強い抗酸化作用を持っています。

    トマトポマスはトマトの搾りかすのことで食物繊維の供給源です。食物繊維は一般的にかさ増しですが、繊維源としては悪くない選択肢です。

    一般的にはトマトと書かれていてもポマスだったりするのですが、両方書かれているのでトマトは本当にトマトのようですね。


  • 9番目の原材料は粗挽き亜麻仁です。

    亜麻仁を粗挽きにしたものでオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)の供給源です。他にも食物繊維とタンパク質が多く含まれています。



ここまで原材料をリストの上から順番に見てきました。この製品には他にも多くの原材料が含まれていますが、これよりも下に位置する原材料は評価に影響を与えそうにありません

ただし、8つの例外があります。



  • まずフィッシュエキスです。

    これはフィッシュを加水分解したものでうま味調味料として使われています。キブルに噴霧して嗜好性を高め、食いつきを良くする役目があります。


  • 次に、にんじん、ほうれん草、さつまいも、りんごです。

    これらの野菜は一つにまとめますが、どれもβ-カロテンを多く含んでいます。β-カロテンは体内でビタミンAに変換されて利用されるほか、抗酸化作用および免疫賦活作用があります。


  • 次にりんご、チコリ根抽出物です。

    これらはプレバイオティクスとして作用する水溶性食物繊維が含まれています。リンゴはペクチン、チコリ根抽出物はイヌリンが該当します。

    プレバイオティクスは腸内で有用菌(乳酸菌など)の栄養源として活用され、腸内環境を整えるのに役立ちます。


  • 次にガーリックパウダーです。

    ガーリックはユリ科ネギ属なので玉ねぎ中毒(ハインツ小体性貧血)の危険性があり、賛否両論の食材です。でも成犬で少量なら副作用もなく有益だと思います。

    ただ、子犬は避けたほうが無難ですね。ガーリックは胃腸への刺激が強いし(子犬は消化機能が未発達)、副作用で赤血球が破壊(貧血)されて成長に悪影響を及ぼしてほしくないですからね。

    ガーリックの薬効は抗菌作用、免疫賦活作用、抗癌作用、栄養補給、抗酸化作用、去痰作用、強壮作用など多岐にわたります。


  • 次に乳酸菌です。

    乳酸菌(ラクトバチルス・プランタルム、エンテロコッカス・フェシウム、ラクトバチルス・カゼイ、ラクトバチルス・アシドフィラス)

    乳酸菌はお腹(腸内環境)を健康にサポートするプロバイオティクスとして含まれています。

    このフードにはプロバイオティクスの働きを助けるプレバイオティクス(リンゴ、チコリ根抽出物)も含まれています。


  • 次にユッカ抽出物です。

    ハーブの一種ですね。ユッカの主成分であるサポニンは小腸の消化吸収を促進し、同時に食欲を刺激します。また、便臭の軽減や関節の炎症緩和の薬効があると言われています。


  • 次にミネラル類です。

    ミネラル類(亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)

    微量必須ミネラルは一部キレート加工されていますね。”タンパク化合物” と付いているのがそうです。アミノ酸でミネラルを加工すると吸収率が数倍にUPします。

    硫酸亜鉛は硫酸でミネラルが加工されています。これは吸収率は特に高くありません。安価なミネラルです。

    でも、ただの亜鉛としか書かれていないフードもあるので原材料の透明性において素晴らしいと表示の仕方だと思います。


  • 最後にタウリンです。

    タウリンはアミノ酸の一種で心臓や肝臓の機能を正常に保つ重要な役割があります。本来、肉や魚を食べていれば犬の体内で自然と合成できるものですが、犬種や年齢などによって合成量に差があるため、追加されていると安心できますね。




ウェルネス ドッグフードの特徴

  • 製造工場はドッグフードの安全性を確保する衛生管理手法としてHACCPを導入しています。
  • 衛生管理としてバクテリアの繁殖、害虫の混入防止対策、施設内の温度のモニタリング、分析テストを実施しています。
  • ドライフードは自社工場で製造しています。場所は米国のインディアナ州ミシャワカです。製造工場は他にも米国のミネソタ州サウスセントポールやオランダのフェーンダムに持っています。
  • 原材料の産地は公開されていませんが、安全性・品質・栄養価を精査し、厳選されたものを使用していると主張しています。
  • 原材料の仕入先を定期的に訪問し、継続して高品質な原材料の供給できる良好な関係を築いています。
  • 小麦、とうもろこし、着色料、香料は一切使用していません。
  • 品質管理の一環で取引業者、代理店、小売業者に対して定期的なコミュニケーション実施しています。
  • プチアンドレ シリーズのカップに使われているプラスチックはBPAフリーです。
  • ウェルネスの製品でウェルネス シリーズはアークランド(ホームセンター)専売品です。

参照:https://www.wellnesspetfood.jp/
https://www.wellnesspetfood.com/
https://www.wellpet.com/


成分と肉含有量の分析

ウェルネス穀物不使用 全犬種用 1歳以上用 白身魚は原材料だけで判断すると平均以上のドッグフードに見えます。

しかし、原材料の品質だけではなく、成分 (タンパク質・脂質・炭水化物) と肉の含有量も評価を下すために重要です。

ラベルの分析で乾物基準はタンパク質が29%、脂質が13%、推定炭水化物が49%と判明しました。

脂質とタンパク質の比率は約46%です。

一般的な成犬向けドライフードと比較するとタンパク質は平均以上、脂質は平均以上、炭水化物は平均的。

乾燥粗挽きじゃがいも、えんどう、ひよこ豆、粗挽き亜麻仁で総タンパク質を増加させることを考えても、このドッグフードは適度な量の肉を含んでいるように見えます。

最終評価

ウェルネス穀物不使用 全犬種用 1歳以上用 白身魚は動物性タンパク質の供給源として適度な量の白身魚を使用した穀物を含まないドライフードです。星4の評価を下しました。

とてもおすすめします。

ウェルネス穀物不使用は原材料の1番目が生肉で2番目がミールのよくあるタイプですね。白身魚を使ったフードだけちょっと違いますが、これも考え方として同じようなものです。

3〜5番目の豆類はデンプン(炭水化物)の供給源でキブルの成形に必要ですね。野菜や果物はドッグフードに馴染みがある食材が使われています。

この配合のフードは本当によくあるタイプです。癖のある原材料を使ってターゲットを絞ったフードでもないし、絶対に避けたい食材や添加物も入っていません。乳酸菌やキレートミネラルが入っていて、ハーブ類も良し。どなたにもおすすめできるフードです。

ウェルネスは日本語の公式サイトがあります。穀物不使用の製品概要のページには「家禽副産物、小麦、とうもろこし、大豆、乳、卵、着色料、香料不使用」と書いてあります。ここの ”家禽副産物” に注目してほしいです。

ミールに使われる部位や比率は製造業者に依存しますが、副産物が不使用なので品質がある程度担保されているとみていいでしょう。これはすごく大事なことです。

日本の愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)ではチキンミールの定義は存在しません。だから製造業者が勝手にチキンミールと表示しているだけで内容物はアメリカで定義されているチキンミールである必要はありません。鶏副産物ミールでもチキンミールと表示しても法的に問題ないわけです。(ロイ○ルカナンとかアイ○スはこの手法を使っています)

だから ”家禽副産物を不使用” の言葉が日本語の公式サイトに書いてあるのがすごく重要なのです。メインのタンパク質はミールなので品質は気になりますよね。

ウェルネス穀物不使用の子犬用フードにはガーリックが入ってます。副作用を起こす摂取量は個体差があるので少量ならば安全であると思いますが、貧血気味でちょっとうちの子には怖いなと思ったら止めておいたほうがいいと思います。

グレインフリーと心臓病の潜在的な関係性

アメリカ食品医薬品局 (FDA) は2019年6月27日にグレインフリー (穀物を含まない) と拡張型心筋症との潜在的な関係について3回目の調査状況を発表しました。

詳しくは「FDAがグレインフリーと心臓病との潜在的な関連性を調査対象にする」をご覧ください。

おわりに

いぬわーんは個人所有のWebサイトです。そしてペットフード製造業者といかなるアフィリエイト提携をしていません。

ただし、一部のオンライン小売業者 (Amazon・楽天市場・Yahooショッピング) からはアフィリエイト紹介料を頂いています。

これはいぬわーんの運営者を支援して、すべてのコンテンツを無料で公開することに繋がっています。

そしてドッグフードの批評を行う際に金銭的な誘惑によって評価を下すことなく、公平かつ偏りのない判断を下すことにも繋がっています。

詳細については「免責事項」をご覧ください。

リコール等情報

ドッグフードの最新リコールをすべて確認したい場合はこちらの「ドッグフードのリコール等情報」をご覧ください。