ウェルネス コア ダイジェスティブヘルス ドッグフードの批評(ドライ)

ウェルネス コア ダイジェスティブヘルス 成犬用 骨抜きチキン&玄米

ウェルネス コア ダイジェスティブヘルス ドッグフードはいぬわーんで最高評価の5つ星を獲得しました。

評価:

ウェルネス コア ダイジェスティブヘルス ドッグフードは全部で3種類あります。以下はその3種類と評価をまとめた表になります。表の成長段階に書いてある記号はそれぞれの頭文字を取ったもので【G=子犬、M=成犬・老犬、A=オールステージ、U=不明】の意味があります。

また、ここでは3種類を代表してウェルネス コア ダイジェスティブヘルス 成犬用 骨抜きチキン&玄米を批評していきますが、他の種類の批評が見たい場合は表中の内部リンクを利用してください。

製品評価成長段階
ウェルネス コア ダイジェスティブヘルス 小型犬成犬用 骨抜きチキン&玄米N/AM
ウェルネス コア ダイジェスティブヘルス 成犬用 骨抜きチキン&玄米5M
ウェルネス コア ダイジェスティブヘルス 成犬用 白身魚&玄米N/AM

原材料とラベルの分析

ウェルネス コア ダイジェスティブヘルス 成犬用 骨抜きチキン&玄米

ドッグフードを選ぶ際には原材料に書かれた上から最初の10品目を見てください。原材料の表示は原則、重量順です。つまり、最初に書いてあるものがもっとも含有量が多いのです。

原材料:骨抜きチキン、七面鳥ミール(コンドロイチン硫酸源)、チキンミール(グルコサミン源)、玄米、大麦、オートグローツ、乾燥ビートパルプ、亜麻仁、鶏脂、かぼちゃ、乾燥酵母、クランベリー、チキンエキス、サーモン油、りんご、イヌリン、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、パパイア、ブルーベリー、ざくろ、粗挽きシナモン、粗挽きフェンネル、粗挽きペパーミント、エンテロコッカス・フェシウム※、バチルス・コアグランス※、ラクトバチルス・デルブレッキイ※、ストレプトコッカス・サーモフィルス※、バチルス・リケニフォルミス※、 バチルス・サブティリス※、アスペルギルス・オリゼ(米麹菌)、トリコデルマ・リーゼイ、リゾプス・オリゼ、ラクトバチルス・アシドフィラス※、ラクトバチルス・カゼイ※、ユッカ抽出物、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、A、B1、パントテン酸、B6、C、B2、ビオチン、D3、B12、葉酸)、ミネラル類(塩化カリウム、亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)

赤字は物議をかもします。

粗灰分=8.5%以下, 粗繊維=4%以下 (推定乾物繊維量=4.4%), 水分=10%以下

測定方法タンパク質脂質炭水化物
保証分析値30%12%NA
乾物基準33.3%13.3%43.8%
熱量基準31.7%30.7%37.5%


  • このドッグフードの1~3番目の原材料は骨抜きチキン、七面鳥ミール、チキンミールです。

    原材料の1番目は骨抜きチキンですね。2番目、3番目のミールには「コンドロイチン硫酸源、グルコサミン源」と書いてあるので骨ごと軟骨部分が加えられているのでしょう。だから骨抜きにしてリンとカルシウムの調整をしていると推測します。

    骨抜きチキンは生肉なので水分量を考慮するとタンパク質量はそこまで多くありません。このフードのメインの動物性タンパク質源は2番目、3番目の七面鳥ミールとチキンミールになります。ミールはレンダリングして製造されたタンパク質の塊なので、乾物で考えてもタンパク質量が多く含まれていますからね。この原材料の並びはドッグフードではよくあるやつです。


  • 4番目の原材料は玄米です。

    玄米は精米していないお米で全粒穀物に該当します。栄養豊富な玄米は白米と比べて消化しにくいですが、糠の部分を削っていないのでビタミン・ミネラル、食物繊維が多く取れます。


  • 5番目の原材料は大麦です。

    大麦は栄養豊富な全粒穀物で同じ麦の仲間と比べても食物繊維が多い食材として知られます。大麦に含まれるβ-グルカン(水溶性食物繊維)はコレステロールを吸着して体外に排出するのでコレステロール値を低下させます。また、腸内まで消化されずに届いた後はプレバイオティクスとして働くことも分かっています。


  • 6番目の原材料はオートグローツです。

    オートグローツはオーツ麦からもみ殻を取り除いた状態のものです。糠を取り除いていないので全粒穀物です。米でいうと玄米です。糠部分の栄養素も一緒に取れることから栄養価が高く、食物繊維にはβ-グルカンを含むため低GI食品に該当します。


  • 7番目の原材料は乾燥ビートパルプです。

    ビートパルプは甜菜を搾って砂糖を抽出した後に残る繊維質ですね。つまり、甜菜の繊維です。砂糖の抽出方法で安価な方法だと残留薬物が残るため議論がありますが、ここでは評価を下げる判断は下しません。避けたい方は避けてください。


  • 8番目の原材料は亜麻仁です。

    亜麻仁は植物性のオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)の供給源です。他にタンパク質、食物繊維も多く含んでいます。α-リノレン酸は体内でDHA,EPAに変換してから利用されます。変換時にはロスがあるので原材料の下にあるサーモン油のほうがオメガ3脂肪酸の供給源として理想的です。

    また、このフードには全粒穀物とビートパルプや亜麻仁などの食物繊維が多く含まれています。食物繊維が多いと消化管に負担がかかるので気になるところですが、推定乾物繊維量が4.4%なので多くないですね。安心です。


  • 9番目の原材料は鶏脂です。

    鶏脂はオメガ6脂肪酸(リノール酸)の供給源です。動物性の油脂なのでいい匂いがするフレーバーとしての役割も担います。


  • 10番目の原材料はかぼちゃです。

    かぼちゃは緑黄色野菜でβ-カロテン(赤色の天然色素)、ビタミンB群、食物繊維を豊富に含んでいます。β-カロテンは体内でビタミンAに合成されるほか、抗酸化作用、免疫賦活作用があります。

    原材料の10品目より下にあるパパイヤとリンゴもβ-カロテンを含んでいます。パパイヤは未成熟であればパパインと呼ばれるタンパク質分解酵素(消化促進作用)も含んでいます。消化管ケアを目的としたフードなので、もしかしたら未成熟のパパイアの可能性もあります。



ここまで原材料をリストの上から順番に見てきました。この製品には他にも多くの原材料が含まれていますが、これよりも下に位置する原材料は評価に影響を与えそうにありません

ただし、6つの例外があります。



  • まず、クランベリー、ブルーベリー、ざくろです。

    ベリー類は一つにまとめました。ポリフェノールの一種であるアントシアニン(青紫色の天然色素)を豊富に含んでおり、強い抗酸化作用があります。


  • 次に乾燥酵母、イヌリン、加水分解酵母、リンゴです。

    これらは難消化性の水溶性食物繊維(β-グルカン、イヌリン、マンナンオリゴ糖、ペクチン)を含んでおり、乳酸菌のエサとなる大事な役目があります。

    難消化性の水溶性食物繊維が消化吸収されずに腸内まで届くと乳酸菌がエサとして発酵分解して身体にとって有効な代謝副産物(短鎖脂肪酸など)を産生します。


  • 次に粗挽きシナモン、粗挽きフェンネル、粗挽きペパーミント、ユッカ抽出物です。

    シナモン、フェンネル、ペパーミントのハーブが持つ薬効を考えると消化促進作用、駆風作用、膨満感・疝痛の抑制が期待できます。腸内のガスや消化不良を緩和して、消化管のけいれんを防止してくれますね。

    ユッカ抽出物はユッカの主成分サポニンを抽出したものです。関節炎に効果がある一方で糞便の臭いを軽減してくれる効果があります。おそらく糞便の臭い対策で添加されていると思います。


  • 次に乳酸菌です。

    乳酸菌(エンテロコッカス・フェシウム、バチルス・コアグランス、ラクトバチルス・デルブレッキイ、ストレプトコッカス・サーモフィルス、バチルス・リケニフォルミス、 バチルス・サブティリス、アスペルギルス・オリゼ(米麹菌)、トリコデルマ・リーゼイ、リゾプス・オリゼ、ラクトバチルス・アシドフィラス、ラクトバチルス・カゼイ)

    このフードは消化管ケアを目的としているので6種類の乳酸菌・有胞子性乳酸菌を添加していますね。カタカナの名前が並んでいて難しいですけど、ヨーグルトや乳酸菌飲料を食べた時と同じ作用があります。腸内環境を改善したり、有用菌を増やして悪い菌を減らしたり、腸内の感染を予防したり、免疫力を回復させたりなどですね。


  • 次にミネラル類です。

    ミネラル類(塩化カリウム、亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、鉄タンパク化合物、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)

    キレートミネラルが添加されていますね。亜鉛タンパク化合物のような○○タンパク化合物がそれに該当します。キレートミネラルはアミノ酸とミネラルを結合して吸収率を高めたちょっと高価なミネラルです。廉価なフードではまず見かけないので高評価ですね。


  • 最後にタウリンです。

    タウリンは心臓の収縮をサポートする栄養素です。ただ、直接摂らなくても体内でメチオニンとシステインから合成できるのでAAFCOでは必須栄養素とはなっていません。

    しかし、このフードはメインのタンパク質がミールです。ミールは製造過程(高温調理)でメチオニンが吸収しにくい形になるため、タウリンが直接添加されているのでしょう。




ウェルネス ドッグフードの特徴

  • 製造工場はドッグフードの安全性を確保する衛生管理手法としてHACCPを導入しています。
  • 衛生管理としてバクテリアの繁殖、害虫の混入防止対策、施設内の温度のモニタリング、分析テストを実施しています。
  • ドライフードは自社工場で製造しています。場所は米国のインディアナ州ミシャワカです。製造工場は他にも米国のミネソタ州サウスセントポールやオランダのフェーンダムに持っています。
  • 原材料の産地は公開されていませんが、安全性・品質・栄養価を精査し、厳選されたものを使用していると主張しています。
  • 原材料の仕入先を定期的に訪問し、継続して高品質な原材料の供給できる良好な関係を築いています。
  • 小麦、とうもろこし、着色料、香料は一切使用していません。
  • 品質管理の一環で取引業者、代理店、小売業者に対して定期的なコミュニケーション実施しています。
  • プチアンドレ シリーズのカップに使われているプラスチックはBPAフリーです。
  • ウェルネスの製品でウェルネス シリーズはアークランド(ホームセンター)専売品です。

参照:https://www.wellnesspetfood.jp/
https://www.wellnesspetfood.com/
https://www.wellpet.com/


成分と肉含有量の分析

ウェルネス コア ダイジェスティブヘルス 成犬用 骨抜きチキン&玄米は原材料だけで判断すると平均以上のドッグフードに見えます。

しかし、原材料の品質だけではなく、成分 (タンパク質・脂質・炭水化物) と肉の含有量も評価を下すために重要です。

ラベルの分析で乾物基準はタンパク質が33%、脂質が13%、推定炭水化物が44%と判明しました。

脂質とタンパク質の比率は約44%です。

一般的な成犬向けドライフードと比較するとタンパク質は平均以上、脂質は平均に近い、炭水化物は平均以下。

亜麻仁、乾燥酵母で総タンパク質を増加させることを考えても、このドッグフードはかなりの量の肉を含んでいるように見えます。

最終評価

ウェルネス コア ダイジェスティブヘルス 成犬用 骨抜きチキン&玄米は動物性タンパク質の供給源としてかなりの量の七面鳥ミールとチキンミールを使用した穀物を含むドライフードです。星5の評価を下しました。

とてもおすすめします。

日本語公式サイトでウェルネス コア ダイジェスティブヘルスの商品概要ページを見ると原材料、保証分析値、給与方法が英語のままで翻訳されていない状況です。それに灰分値は記載自体がありません。アメリカでは必須項目じゃないからでしょうか。

しかし、なぜか「成犬用 骨抜きチキン&玄米」だけ翻訳されています(2021/10/2現在)。他の2種類は日本語に翻訳されるまで批評しないでおくことにします。

ウェルネス コア ダイジェスティブヘルス シリーズは「消化管の健康維持のため消化に優れた原材料を厳選している」とのこと。原材料を確認すると珍しいものは入っていないですね。玄米、大麦、オーツ麦といったドッグフードで馴染みのあるもので構成されています。さすがに小麦やコーン、それに植物性タンパク質といったちょっと消化性が悪いのは含まれていません。ここまでは別に高消化設計でなくてもわりとよく見かける内容です。でも、やっぱり消化管ケア用に作られているなと思うところはプロバイオティクスとプレバイオティクスとハーブですね。

乳酸菌が6種類、それに合わせて栄養源となる難消化性の水溶性食物繊維を多数配合し、ハーブはフェンネルやペパーミントといった消化促進と駆風作用のあるものが選ばれており消化管に配慮されています。

タンパク質や炭水化物はよく見かける馴染みの原材料で構成されていますが、原材料表示の下のほうには消化管ケア用の食材が追加されており、保証分析値も特に気になるところはないのでおすすめできます。

グレインフリーと心臓病の潜在的な関係性

アメリカ食品医薬品局 (FDA) は2019年6月27日にグレインフリー (穀物を含まない) と拡張型心筋症との潜在的な関係について3回目の調査状況を発表しました。

詳しくは「FDAがグレインフリーと心臓病との潜在的な関連性を調査対象にする」をご覧ください。

おわりに

いぬわーんは個人所有のWebサイトです。そしてペットフード製造業者といかなるアフィリエイト提携をしていません。

ただし、一部のオンライン小売業者 (Amazon・楽天市場・Yahooショッピング) からはアフィリエイト紹介料を頂いています。

これはいぬわーんの運営者を支援して、すべてのコンテンツを無料で公開することに繋がっています。

そしてドッグフードの批評を行う際に金銭的な誘惑によって評価を下すことなく、公平かつ偏りのない判断を下すことにも繋がっています。

詳細については「免責事項」をご覧ください。

リコール等情報

ドッグフードの最新リコールをすべて確認したい場合はこちらの「ドッグフードのリコール等情報」をご覧ください。