ソルビダ グレインフリー ドッグフードの批評(ドライ)

2022年2月21日

ソルビダ グレインフリー チキン 室内飼育成犬用

ソルビダ グレインフリー ドッグフードはいぬわーんで高評価の4つ星を獲得しました。

評価:

ソルビダ グレインフリー ドッグフードは全部で5種類あります。以下はその5種類と評価をまとめた表になります。表の成長段階に書いてある記号はそれぞれの頭文字を取ったもので【G=子犬、M=成犬・老犬、A=オールステージ、U=不明】の意味があります。

また、ここでは5種類を代表してソルビダ グレインフリー チキン 室内飼育成犬用を批評していきますが、他の種類の批評が見たい場合は表中の内部リンクを利用してください。

原材料とラベルの分析

ソルビダ グレインフリー チキン 室内飼育成犬用

製品サイズ900g / 1.8kg / 3.6kg / 5.8kg

ソルビダ グレインフリー チキン 室内飼育成犬用

Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探す

ドッグフードを選ぶ際には原材料に書かれた上から最初の10品目を見てください。原材料の表示は原則、重量順です。つまり、最初に書いてあるものがもっとも含有量が多いのです。

原材料:オーガニックチキン生肉、乾燥チキン、オーガニック乾燥豆類オーガニックエンドウ豆粉、オーガニックタピオカ粉、オーガニック乾燥ヒヨコ豆オーガニック乾燥アルファルファ、天然フレーバー、オーガニックひまわり油*、オーガニック挽き割りフラックスシード、オーガニック乾燥ジャガイモ、鶏脂肪*、エンドウ豆でんぷん、乾燥サーモン、乾燥トマト繊維乾燥レンズ豆、塩化カリウム、サーモンオイル*、乾燥ビール酵母、チキン軟骨(グルコサミン、コンドロイチン源)、ミネラル類(亜鉛、鉄、銅、コバルト、マンガン、食塩、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、タウリン、オーガニックひまわりの種、乾燥かぼちゃ、乾燥ブルーベリー、オーガニック乾燥にんじん、乾燥ブロッコリー、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、ビタミン類(塩化コリン、ビタミンE補助食品、ナイアシン補助食品、ビタミンB1硝酸塩、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、リボフラビン補助食品、ビタミンA補助食品、ビタミンD3補助食品、ビオチン、ビタミンB12補助食品、葉酸)、乾燥チコリ根(イヌリン、フラクトオリゴ糖源)、乾燥セージ、乳酸、ユッカフォーム抽出物、ガーリックパウダー、プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、麹菌、糸状菌、枯草菌)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)*ミックストコフェロールで保存

赤字は物議をかもします。

粗灰分=9%以下, 粗繊維=4%以下 (推定乾物繊維量=4.4%), 水分=10%以下

測定方法タンパク質脂質炭水化物
保証分析値25%以上15%以上NA
乾物基準27.7%16.7%45.5%
熱量基準25.4%37%37.5%

このドッグフードの最初と2番目の原材料はオーガニックチキン生肉と乾燥チキンです。

オーガニックチキンは通常の鶏より飼育環境や成長促進剤・抗生物質の投与を禁止されているなど厳しい基準で育てられているので品質の高い食材です。

オーガニック認定は米国農務省(USDA)からオーガニック検査機関として認定されているオレゴンティルス(OREGON TILTH)で受けています。

乾燥チキンは公式サイトの説明を見る限りミートミールの可能性が高いです。乾燥チキンの説明に「人間が食べられる部位(胸肉やモモ肉など)を使用し、鶏のトサカや内臓といった副産物は一切使用していない」と書いてあるので乾燥肉なら副産物のことをわざわざ書く必要ないですよね。

チキンミールは副産物不使用で人間と同じ基準の食材が使われているので品質は悪くないでしょう。

また、乾燥チキンに使われている鶏肉はオーガニック基準を満たしていません。これは公式サイトにも書かれていますが、コスト面で無理だったと書かれています。乾燥チキンは通常の鶏肉が使われています。

当サイトではよく言っていますが、原材料の1番目が生肉で2番目がミートミールの場合、水分量を考慮すると重量あたりのタンパク質量は2番目のミートミールが多くなります。つまり、このフードのメインの動物性タンパク質は乾燥チキンです。

オーガニックが特徴の製品ではありますが、オーガニック肉はあまり入っていません。この事実を知った上で購入を検討してください。

このフードには乾燥サーモンも入っていますが、おそらくこれも乾燥チキンと同じ名称の付け方をしているだけでサーモンミールだと思います。

3番目の原材料はオーガニック乾燥豆類です。

豆類はタンパク質が多いグループ(大豆など)と炭水化物が多いグループ(えんどう豆など)に分かれています。「豆類」だけでは大まかな栄養素しか判断できません。また、このような曖昧な名称はパッチごとに使用する豆類を変更できるので不適切な名称の付け方です。

4番目と6番目の原材料はオーガニックエンドウ豆粉、オーガニック乾燥ヒヨコ豆です。

これらは同じマメ科植物でデンプンを主体とする炭水化物源です。原材料の10品目より下にはエンドウ豆でんぷんと乾燥レンズ豆も含まれていますが、こちらも同じく炭水化物源です。

エンドウ豆粉、乾燥ヒヨコ豆、乾燥レンズ豆は炭水化物源である一方でタンパク質の含有量が多く、脂質は極めて少ないので調整役(脂質低減とアミノ酸バランス)として役立ちます。また、これらのマメ科植物に共通してビタミンB群、ミネラル類、食物繊維(ほとんどが不溶性食物繊維)も多く含まれています。

参照:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

5番目の原材料はオーガニックタピオカ粉です。

タピオカ粉はキャッサバのデンプンで栄養素は炭水化物(デンプン)以外ほとんど何も含まれていません。

7番目の原材料はオーガニック乾燥アルファルファです。

アルファルファは日本ではムラサキウマゴヤシ(馬肥やし)と呼ばれるマメ科植物で発芽したばかりの新芽です。発芽に必要な栄養素を多く含んでいるので非常に栄養価が高いです。最高で重量の50%がタンパク質で他にも微量ミネラル、ビタミン(A,B1,B12,C,E,K)、食物繊維を含んでいます。

8番目の原材料は天然フレーバーです。

天然フレーバーは肉類やトウモロコシといった動植物のタンパク質をアミノ酸まで分解したものです。一般的にはグルタミン酸やイノシン酸などのうま味を感じるアミノ酸が使われるのですが、配合や成分は企業秘密なことが多いため天然フレーバーといった名称になっています。別名ではタンパク加水分解物と書かれている場合もあります。

9番目の原材料はオーガニックひまわり油*です。

ひまわり油は原料となるひまわり種の品種によって成分が異なります。主に3種類でハイリノール、ミッドオレイック、ハイオレイックがあります。ドッグフードに使われるのは基本的に必須脂肪酸のオメガ6系脂肪酸(リノール酸)が豊富に含まれたタイプだと推測されます。

ただ、公式サイトの原材料の説明では「皮膚・被毛をサポートする必須脂肪酸であるαリノレン酸(オメガ3脂肪酸)源」と書かれています。主な3種類のどのタイプもオメガ3脂肪酸はほとんど含まれていないのでなぜでしょうか。このフードにはオーガニックひまわりの種も含まれていますが、こちらの説明では「リノール酸やビタミン源」と書かれているのでおそらく書き間違えているのかもしれません。

オーガニックひまわり油はミックストコフェロールで保存されています。ひまわり油だけではなく、油脂類はすべて天然の酸化防止剤で保存されていますね。原材料の段階での保存料は書かなくても問題ないのですが、人工保存料を使っていないことをアピールしたい場合は書いてあることが多いです。このフードはオーガニック食材を使った食の安全性を高めたフードなので書いているのかもしれません。

10番目の原材料はオーガニック挽き割りフラックスシードです。

フラックスシードは亜麻仁と呼ばれる小さな実を持つ種実類で必須脂肪酸のオメガ3系脂肪酸(α-リノレン酸)を豊富に含んでいます。α-リノレン酸は体内でDHA,EPAに変換されて利用されますが、変換ロスがあるため既存のDHA,EPAと比べると摂取効率は低くなります。

また、種実類の特性上、タンパク質と食物繊維も多く含んでいます。食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。

ここまで原材料をリストの上から順番に見てきました。この製品には他にも多くの原材料が含まれていますが、これよりも下に位置する原材料は評価に影響を与えそうにありません

ただし、9つの例外があります。

まず、オーガニック乾燥ジャガイモです。

ジャガイモは主成分が炭水化物(デンプン)です。エネルギーの供給源として優秀ですが、乾燥ジャガイモは水分が取り除かれているのでタンパク質の割合も増加しています。

ジャガイモのタンパク質は犬の必須アミノ酸10種類をすべて含んでいるものの、量のバランスが悪いです。特にヒスチジン、トリプトファン、メチオニンが少ないですね。

次に、鶏脂肪*、サーモンオイル*です。

鶏脂肪はオメガ6系脂肪酸(リノール酸)、サーモンオイルはオメガ3系脂肪酸(DHA,EPA)の供給源です。どちらも必須脂肪酸で食べ物から摂取しなければいけない栄養素です。ミックストコフェロール(ビタミンE)で保存されています。

次に、乾燥トマト繊維です。

トマトの食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。トマトにはリコピンと呼ばれる抗酸化物質が含まれていますが、これはトマト繊維なので多少含まれている程度でしょう。

次に、乾燥ビール酵母です。

ビール酵母はビールの醸造で使われた酵母です。大量に廃棄物として出るため再利用されています。アルコールは含まれていません。ビール酵母にはタンパク質、ビタミンB1・B2・B6、ミネラル類、食物繊維(β-グルカン、マンナンオリゴ糖)が含まれています。β-グルカンとマンナンオリゴ糖はプレバイオティクスとして働くため腸内環境の改善が期待できます。

次に、ミネラル類(亜鉛、鉄、銅、コバルト、マンガン、食塩、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)です。

公式サイトを確認するとミネラルはタンパク化合物にして吸収率を高めていると書いてあります。でも、原材料の書き方は元素記号だけでタンパク化合化されているようには見えません。

同じ会社(株式会社ライトハウス)の別製品RIGALOではタンパク化合化してある亜鉛のところはプロテイネイテッド亜鉛と書かれています。タンパク化合化しているのであれば同じように書くべきなのでは?と思います。(タンパク化合化は通常、吸収率の低い微量必須ミネラルで行われます)

亜セレン酸ナトリウムはAAFCOやFEDIAFでは飼料添加物として認められていますが、日本では毒物及び劇物取締法により劇物と指定され、ペットフード中の含有量が0.00011%以下とすることが定められています。

セレンは微量必須元素で体にちょっとだけ必要な栄養素ですが、必要量と中毒量の差が極めて狭く、過剰摂取の場合は死亡につながることから栄養目的の添加物でも毒物・劇物の対象になっています。自然にセレンが摂れるセレン酵母や魚介類、藻類、卵黄などが含まれるフードを選ぶのも選択肢の一つです。

次に、タウリンです。

タウリンは心臓や肝臓の機能を正常に保つ欠かせない栄養素です。肉類や魚類から直接タウリンを摂取できますし、体内でアミノ酸のメチオニンとシステインを使って合成できるのでしっかり食事を取っていれば不必要な栄養素ですが、犬の種類によって合成する力に差があるので追加されていて助かる栄養素です。

次に、乾燥かぼちゃ、乾燥ブルーベリー、オーガニック乾燥にんじん、乾燥ブロッコリーです。

これらは抗酸化作用のある成分を含む野菜と果物です。野菜はすべて緑黄色野菜でβ-カロテンが豊富に含まれています。β-カロテンはビタミンA前駆体であり、物質としては抗酸化作用や免疫賦活作用があります。ブルーベリーはポリフェノールの一種であるアントシアニンと呼ばれる抗酸化性の高い物質が含まれています。これらはドッグフードの定番ですね。よく見かけます。

次に、プロバイオティクスとプレバイオティクスです。

プロバイオティクスは原材料の「プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、麹菌、糸状菌、枯草菌)」のことです。微生物(善玉菌)は腸内バランスを改善し、弱った胃腸の働きを助けたり、免疫力の向上、感染症の予防、老化防止など有益な作用をもたらします。

プレバイオティクスは消化管上部で分解・吸収されない難消化性のオリゴ糖類や水溶性食物繊維のことで、原材料では「加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、乾燥チコリ根(イヌリン、フラクトオリゴ糖源)」の部分です。これらが腸内で微生物により発酵・分解されると短鎖脂肪酸を産生し、善玉菌の増殖を促進したり、整腸作用、ミネラル吸収促進作用など健康の増進維持に役立つ有益な作用があります。

最後に、ガーリックパウダーです。

ガーリックの薬効は免疫賦活作用、強壮作用、栄養補給、抗酸化作用、抗菌作用など多岐にわたります。ただし、ユリ科なので過剰に、あるいは長期にわたって摂取するとハインツ小体性貧血(通称、玉ねぎ中毒)と呼ばれる赤血球が壊れて貧血になる病気になる危険性があります。

ただ、多くのフードにガーリック入りが存在し、問題が起きていない以上、おおげさに扱うものではないと思います。しかし、過去に貧血の経験があったり、飼い主の気持ちの問題で避けたい方はこのフードをやめておいたほうがいいでしょう。

ここまで保証分析値と原材料を見てきました。ここからはこのフードの背景を少し調べてみます。以外に軽視されがちですが、完成品だけ見て良し悪しを決めるのは難しいです。製造業者が中国産原材料を使っていたら?栄養設計をAAFCOに準拠していなかったら?品質管理はきちんと行われているの?などパッケージからでは分からない部分について公式サイトから調べてきました。

  • 株式会社ライトハウスでオリジナルレシピを開発し、アメリカで製造しています。AAFCOの栄養基準に準拠しています。
  • 製造は最新設備が整うアメリカの工場で行い、日本に輸入後は酸価値の測定・品質チェック・検品を行います。
  • リパックの際には窒素ガスを袋に充填して鮮度を長持ちさせます。5.8kg袋は除く。
  • 食品添加物や農薬などを使わない安全性にこだわった「人と同じ基準」の原材料のみを使用。
  • オーガニック&グレインフリー。70%以上の原材料に米国農務省(USDA)でオーガニック認定を受けたものを使っています。
  • オーガニック以外の原材料は安全性を確認するため、定期的に残留農薬や残留抗生物質の検査を行っております。
  • 原材料は基本的にアメリカ産です。米国農務省でオーガニック認定を受けたものを使用しているため。一部はカナダ等の近隣諸国で調達しています。
  • 厳選された原材料を20種類以上、最新のペット栄養学に基づいて理想的な栄養バランスで配合しています。
  • 輸入は船で行われ、コンテナ単位で輸入しています。赤道を通るルートではありませんが、夏場など気温の高いときは酸価値を測定するなど品質検査を行っています。
  • 合成添加物(調味料、着色料、着香料、防カビ剤など)は一切使用していません。
  • パッケージはジッパータイプで3層の溝があるトリプルジッパーを採用しています。

参照:https://www.solvida.jp/

成分と肉含有量の分析

ソルビダ グレインフリー チキン 室内飼育成犬用は原材料だけで判断すると平均以上のドッグフードに見えます。

しかし、原材料の品質だけではなく、成分(タンパク質・脂質・炭水化物)と肉の含有量も評価を下すために重要です。

ラベルの分析で乾物基準はタンパク質が28%、脂質が17%、推定炭水化物が46%と判明しました。

脂質とタンパク質の比率は約60%です。

一般的な成犬用のドライフードと比較するとタンパク質は平均的、脂質は平均以上、炭水化物は平均以下。

オーガニック乾燥豆類、オーガニックエンドウ豆粉、オーガニック乾燥ヒヨコ豆、オーガニック乾燥アルファルファ、オーガニック挽き割りフラックスシード、オーガニック乾燥ジャガイモ、乾燥レンズ豆、乾燥ビール酵母オーガニックひまわりの種で総タンパク質を増加させることを考えても、このドッグフードは適度な量の肉を含んでいるように見えます。

最終評価

ソルビダ グレインフリー チキン 室内飼育成犬用は動物性タンパク質の供給源として適度な量の乾燥チキン(チキンミール)を使用した穀物を含まないドライフードです。星4の評価を下しました。

とてもおすすめします。

ソルビダは原材料の約70%以上にオーガニック食材を使用し、残り30%の食材はオーガニックではないものの、定期的に残留農薬や残留抗生物質の検査を行っている高品質の原材料が使われています。ただ、原材料の解説で前述した通り、乾燥チキン(チキンミール)はオーガニックではないのでメインの動物性タンパク質はオーガニックではありません。

それにちょっと気になるのが「オーガニック乾燥豆類」です。このフードにはエンドウ豆、ヒヨコ豆、レンズ豆とマメ科植物が多数入っています。それなのに ”豆類” と表記しているので原材料の分割の可能性が高いです。原材料は重量順で表記するのでマメ科植物の順番を操作しているように見えます。

また、マメ科植物もすべて乾燥しているので植物性タンパク質の含有率が多く、総タンパク質量に影響を与えています。でも、オーガニックのマメ科植物はそんなに悪いわけではないですからね。

原材料には微生物やキレートミネラル、機能性成分も多数入っていて素晴らしいと思います。あとは価格に納得できるかどうかでしょうか。やや高価格帯のフードですからね。

製品名には「室内飼育用」と付いていますが、室内犬用に調整してあるだけで別に室内犬じゃない犬に与えても大丈夫です。ただ、小型犬を想定しているので粒のサイズが小粒(約8mm)で運動不足の犬のためにカロリーも小型犬向けにしては低いです*。

* カロリーは350kcal/100g、小型犬の平均は371kcal 2022年2月5日時点のいぬわーん統計)

※レシピは小型犬の室内飼い向けですが、小型犬向けと公式に書いていないので全犬種としています。

グレインフリーと心臓病の潜在的な関係性

アメリカ食品医薬品局 (FDA) は2019年6月27日にグレインフリー (穀物を含まない) と拡張型心筋症との潜在的な関係について3回目の調査状況を発表しました。

詳しくは「FDAがグレインフリーと心臓病との潜在的な関連性を調査対象にする」をご覧ください。

おわりに

いぬわーんは個人所有のWebサイトです。そしてペットフード製造業者といかなるアフィリエイト提携をしていません。

ただし、一部のオンライン小売業者 (Amazon・楽天市場・Yahooショッピング) からはアフィリエイト紹介料を頂いています。

これはいぬわーんの運営者を支援して、すべてのコンテンツを無料で公開することに繋がっています。

そしてドッグフードの批評を行う際に金銭的な誘惑によって評価を下すことなく、公平かつ偏りのない判断を下すことにも繋がっています。

詳細については「免責事項」をご覧ください。