ペットカインド グリーンビーフトライプSAP 小粒の批評(ドライ)

ペットカインド グリーンビーフトライプSAP 小粒

ペットカインド グリーンビーフトライプSAP 小粒はいぬわーんで最高評価の5つ星を獲得しました。

評価:

ペットカインド グリーンビーフトライプSAP 小粒

製品サイズ:230g / 907g / 2.72kg / 11.34kg

ペットカインド グリーンビーフトライプSAP 小粒

Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探す

原材料

原材料:ビーフトライプ、牛肉、レンズ豆、エンドウ豆、エンドウ豆タンパク質、ひよこ豆、エンドウ豆澱粉、亜麻仁、キャノーラオイル(ローズマリー抽出物により酸化防止)、かぼちゃ、ほうれん草、にんじん、ブロッコリー、クランベリー、りんご、ブルーベリー、バナナ、サーモンオイル(ローズマリー抽出物により酸化防止)、ナチュラルフレーバー、亜鉛タンパク化合物、鉄タンパク化合物、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンB12、ビタミンE、ナイアシン、リボフラビン、硝酸チアミン、塩酸ピリドキシン、葉酸、酸化マンガン、ヨウ素カルシウム、亜セレン酸ナトリウム、タウリン、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、塩化コリン、乾燥ラクトバチルス・アシドフィラス発酵物、乾燥ラクトバチルス・カゼイ発酵物、乾燥ビフィズス菌ビフィダム・サーモフィラム発酵物、乾燥ストレプトコッカス・フェシウム発酵物、ユッカシジケラ、ローズマリー、トウガラシ、ペパーミント、タイム、緑茶エキス

赤字は物議をかもします。

粗灰分=7.5%以下, 粗繊維=3.8%以下 (推定乾物繊維量=4.2%), 水分=10%以下

測定方法タンパク質脂質炭水化物
保証分析値30%15%NA
乾物基準33.3%16.7%41.6%
熱量基準29.9%36.3%33.6%

評価

ペットカインド グリーンビーフトライプSAP 小粒は原材料だけで判断すると平均以上のドッグフードに見えます。

しかし、原材料の品質だけではなく、成分(タンパク質・脂質・炭水化物)と肉の含有量も評価を下すために重要です。

ラベルの分析で乾物基準はタンパク質が33%、脂質が17%、推定炭水化物が42%と判明しました。

脂質とタンパク質の比率は約50%です。

一般的なオールステージ用のドライフードと比較するとタンパク質は平均以上、脂質は平均以上、炭水化物は平均以下。

ドッグフードの中には全体のタンパク質量を増やすために植物性タンパク質を多く含む原材料を使用し、肉を多く含んでいるように見せ、消費者によりアピールするものがあります。

そのため、タンパク質量だけでは、そのドッグフードにどれだけ動物性タンパク質が含まれているかを判断することはできません。

そこで植物性タンパク質を多く含む原材料を抜き出し、タンパク質量にどれほど影響を与えているのか推定してみましょう。

このドッグフードにはレンズ豆、エンドウ豆、エンドウ豆タンパク質、ひよこ豆、亜麻仁といった植物性タンパク質を多く含む原材料が含まれていますが、タンパク質量には大きな影響を与えず大量の肉を含んでいるように見えます。タンパク質の大部分は動物性由来であると考えられます。

評価

ペットカインド グリーンビーフトライプSAP 小粒の原材料は平均以上でPFCバランスは優れています。タンパク質は牛(単一タンパク質)が大部分を占めており、高レベルの肉含有量です。これらに基づき星5の評価と結論付けました。

とてもおすすめします。

評価はいぬわーんが推定した肉の含有量、脂質とタンパク質の比率、原材料の品質などの批評基準に基づいて決定しています。

ペットカインド グリーンビーフトライプSAP 小粒

製品サイズ:230g / 907g / 2.72kg / 11.34kg

ペットカインド グリーンビーフトライプSAP 小粒

Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探す

グレインフリーと心臓病の潜在的な関係性

アメリカ食品医薬品局 (FDA) は2019年6月27日にグレインフリー (穀物を含まない) と拡張型心筋症との潜在的な関係について3回目の調査状況を発表しました。

詳しくは「FDAがグレインフリーと心臓病との潜在的な関連性を調査対象にする」をご覧ください。

おわりに

いぬわーんは個人所有のWebサイトです。そしてペットフード製造業者といかなるアフィリエイト提携をしていません。

ただし、一部のオンライン小売業者 (Amazon・楽天市場・Yahooショッピング) からはアフィリエイト紹介料を頂いています。

これはいぬわーんの運営者を支援して、すべてのコンテンツを無料で公開することに繋がっています。

そしてドッグフードの批評を行う際に金銭的な誘惑によって評価を下すことなく、公平かつ偏りのない判断を下すことにも繋がっています。

詳細については「免責事項」をご覧ください。