日本犬 柴専用 お魚味の批評(ドライ)

日本犬 柴専用 お魚味

日本犬 柴専用 お魚味はいぬわーんで低評価の2つ星と判断されました。

評価:

※成犬、柴犬専用

以下は同メーカーの関連製品です。ペットフードの表示に関する公正競争規約に則っている場合は、総合栄養食の表示とドッグフードが適応する成長段階が併記されています。

G=子犬、M=成犬・老犬、A=オールステージ、U=不明

製品評価成長段階
日本犬 柴専用 1歳まで用2G
日本犬 柴専用 チキン味2A
日本犬 柴専用 お魚味2A
日本犬 柴専用 7歳から用2M
日本犬 柴専用 11歳から用2M
日本犬 柴専用 黒帯 鶏三昧2A
日本犬 柴専用 黒帯 鶏三昧 高齢犬用2M

日本犬 柴専用 お魚味の原材料とラベルの分析

原材料:穀類(コーングルテンフィード小麦粉米糠小麦ふすま大麦糠脱脂米糠)、豆類(脱脂大豆乾燥おから)、肉類(チキンミール、フェザーミール)、油脂類(牛脂、精製魚油(DHA・EPA源))、魚介類(魚粉、フィッシュソリュブル)、酵母エキス、藻類(ケルプミール)、糖類(オリゴ糖)、乾燥カモミール、ミネラル類(炭酸カルシウム、食塩、硫酸亜鉛、ヨウ素酸カルシウム、硫酸銅)、香料(ガーリックオイル)、ビタミン類(E、塩化コリン、パントテン酸、B2、A、ビオチン、D3、B12)

赤字は物議をかもします。

粗灰分=9.5%, 粗繊維=6% (推定乾物繊維量=6.6%), 水分=10%

測定方法タンパク質脂質炭水化物
ラベル保証23.5%8.5%NA
乾物基準26%9%55%
熱量基準27%24%49%

このドッグフードの最初の原材料は穀類(コーングルテンフィード、小麦粉、米糠、小麦ふすま、大麦糠、脱脂米糠)です。

コーングルテンフィードはコーンスターチ、コーンシロップの製造時にできる副産物でタンパク質源です。とても安価で一般的に牛の飼料に使われます。

コーングルテンフィードとコーングルテンミールは名前が似ていますが異なるものです。例えばタンパク質の含有量が異なります。コーングルテンフィードのタンパク質含有量はコーングルテンミールの約半分です。

小麦粉は小麦の表皮と胚芽を除いた胚乳部分を粉にしたものです。安価な炭水化物源であるためメーカーが好んで使う傾向にあります。

米糠は玄米を白米に精米するときにでる種皮や胚芽などの副産物です。食物繊維が豊富でタンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルなども含んでいます。

米糠は低価格な原料であるため他の多くの穀物と同様にドッグフードのかさ増しとみなすことができるため賛否両論がある原材料です。

小麦ふすまは小麦を製粉するときに除かれる皮の部分(外皮部と胚芽)です。主に牛の飼料として利用されています。食物繊維、タンパク質、ミネラルが豊富です。

大麦糠は大麦を精白した際に生じる種皮や胚芽などの副産物です。糠はふすまやブランとも呼ばれます。食物繊維が豊富でビタミンやミネラルも含んでいます。大麦糠は米糠と同じく賛否両論がある原材料です。

脱脂米糠は玄米を精製するときに発生する米糠を搾油した残りの搾油副産物(搾り滓)です。一般的に家畜飼料として使われています。

2番目の原材料は豆類(脱脂大豆、乾燥おから)です。

脱脂大豆は大豆油の製造過程で生じる搾油副産物(搾り滓)で植物性タンパク質源です。トリプトファンを比較的多く含み、植物性タンパク質源の中ではリジンを豊富に含むことから必須アミノ酸のバランスを取る目的として使われることが多い。

しかし、脱脂大豆を単体で見ると肉や卵よりも生物学的価値(BV)が低いと予想されます。そして総タンパク質量を著しく増加させることができるので肉の含有量を判断するときに考慮しなければいけません。

乾燥おからは大豆から豆腐を製造する過程の残渣物 (おから) を乾燥させたものです。栄養価が非常に高く、不溶性繊維やタンパク質などが含まれます。

この植物性タンパク質は肉や卵よりも生物学的価値(BV) が低いと予想されます。そして総タンパク質量を著しく増加させることができるので肉の含有量を判断するときに考慮しなければいけません。

3番目の原材料は肉類(チキンミール、フェザーミール)です。

チキンミールは羽毛、頭、足、内臓を除いた鶏の清潔な肉と皮と骨 (骨は含めても含めなくても良い) をレンダリングして乾燥させた肉粉です。

熱と圧力を加えて脂肪の分離と水分を取り除き、主にタンパク質とミネラルを残す製法のレンダリングにより通常の生肉よりもはるかに高いタンパク質を含んでいます。

フェザーミールは家禽の羽毛をレンダリングして作られます。タンパク質源としては消化性が低く、アミノ酸組成も偏っているため品質の低いタンパク質です。かつてはドッグフードにタンパク質源として使用されていたこともありますが、現在ではほとんど見かけません。

4番目の原材料は油脂類(牛脂、精製魚油)です。

牛脂は食用に不向きの特定危険部位を除いた牛肉をレンダリングして抽出した油脂です。飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸が大部分を占めており、多価不飽和脂肪酸は少ないため栄養的価値は低い。しかし、犬の嗜好性を高めます。

魚油はEPAやDHAのようなオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。由来する魚の名前が不明ですが、魚油の鮮度と純度によって犬に良質な栄養を与えます。

5番目の原材料は魚介類(魚粉、フィッシュソリュブル)です。

魚粉は一般的に漁業中に獲った魚を船上に備え付けたクッカーを使ってその場で加工して作られます。魚体をそのまま加工するのでタンパク質以外にもカルシウムやリンといった必須ミネラルやEPA、DHAなどのオメガ3脂肪酸を多く含みます。

魚粉は由来する名前を省略しており、魚種を限定していません。これは漁業地域によって魚種の違いが生まれることや漁網で獲って選別せずにそのまま加工されるためです。一概に魚といっても含まれる栄養素は異なるので魚種が明らかになっていたほうが評価を下す際により良い影響を与えたでしょう。

フィッシュソリュブルは魚の缶詰および魚油搾取時の副産物です。魚の油分を回収するために水を加えて遠心分離し、油分層と水溶層に分けて上澄みの油分層を取り除いた後に残る沈殿した水溶層を濃縮したのがフィッシュソリュブルです。魚肉抽出物とも言います。

その性質上タンパク質が多く含まれており、水溶性ビタミンも豊富です。タンパク質含有量は加工される魚種によって変わります。

6番目の原材料は酵母エキスです。酵母エキスは酵母の細胞壁を破壊して得られる抽出物です。酵母のタンパク質をアミノ酸まで分解すると旨みや甘み、苦みなどが出てくるのでうま味調味料などに使われます。

酵母エキスの抽出方法の違いによって様々な特徴を持つ酵母エキスや特定の成分を多く含む酵母エキス、ブレンドにより特徴的な風味をもつ酵母エキスも存在します。

ここでは酵母エキスに使用された酵母の種類について明記されていないので、この酵母エキスの品質を判断することは不可能です。

7番目の原材料はケルプミールです。ケルプはコンブ科の中でも特に大きく成長する海藻類のことを指しており、アルギン酸とヨウ素を豊富に含みます。

ここまで原材料をリストの上から順番に見てきました。この製品には他にも多くの原材料が含まれていますが、これよりも下に位置する原材料は評価に影響を与えそうにありません

ただし、3つの例外があります。

まず、オリゴ糖です。オリゴ糖はおそらく腸内細菌の栄養源となって善玉菌を増やすプレバイオティクスとして含まれています。

次に、ミネラルはキレート化されているようには見えません。体がミネラルを吸収するときに効率が悪いことを意味します。キレート化されたミネラルは通常、高品質のドッグフードに含まれていることが多いです。

最後に、ガーリックオイルです。オリーブオイルにニンニクを漬けたものです。オリーブオイル以外が使われている場合もあります。ニンニク成分が溶け出したオイルは犬に毒性があり、溶血性貧血を引き起こす恐れがあります。[1]

しかし、一方で適量であれば有用であり、ノミ・ダニを寄せ付けない等の効果があると考えられています。ニンニクは賛否両論ありますが、ニンニク入りのドッグフードが長年にわたり安全に利用されている事実は無視できません。

ニンニクが含まれるドッグフードを選ぶ際には溶血性貧血の危険性を知った上でご自身で判断してください。

日本犬 柴専用 お魚味の成分と肉含有量の分析

日本犬 柴専用 お魚味は原材料だけで判断すると平均以下のドッグフードに見えます。

しかし、原材料の品質だけではなく、成分 (タンパク質・脂質・炭水化物) と肉の含有量も評価を下すために重要です。

ラベルの分析で乾物基準はタンパク質が26%、脂質が9%、推定炭水化物が55%と判明しました。

脂質とタンパク質の比率は約35%です。

一般的なドライタイプのドッグフードと比較するとタンパク質は平均以下、脂質は平均以下、炭水化物は平均以上。

コーングルテンフィード、脱脂大豆、乾燥おからで総タンパク質を増加させることを考えると、このドッグフードは僅かな量の肉しか含んでいないように見えます。

日本犬 柴専用 お魚味の最終評価

日本犬 柴専用 お魚味は動物性タンパク質の供給源として僅かな量の家禽の羽毛と肉、魚介類を使用した穀物を含むドライタイプのドッグフードです。星2の評価を下しました。

おすすめしません。

評価はいぬわーんが推定した肉の含有量、脂質とタンパク質の比率、原材料の品質などの批評基準に基づいて決定しています。

グレインフリーと心臓病の潜在的な関係性

アメリカ食品医薬品局 (FDA) は2019年6月27日にグレインフリー (穀物を含まない) と拡張型心筋症との潜在的な関係について3回目の調査状況を発表しました。

詳しくは「FDAがグレインフリーと心臓病との潜在的な関連性を調査対象にする」をご覧ください。

おわりに

いぬわーんは個人所有のWebサイトです。そしてペットフード製造業者といかなるアフィリエイト提携をしていません。

ただし、一部のオンライン小売業者 (Amazon・楽天市場・Yahooショッピング) からはアフィリエイト紹介料を頂いています。

これはいぬわーんの運営者を支援して、すべてのコンテンツを無料で公開することに繋がっています。

そしてドッグフードの批評を行う際に金銭的な誘惑によって評価を下すことなく、公平かつ偏りのない判断を下すことにも繋がっています。

詳細については「免責事項」をご覧ください。

リコール等情報

ドッグフードの最新リコールをすべて確認したい場合はこちらの「ドッグフードのリコール等情報」をご覧ください。

脚注

*1 ASPCA, Garlic