GO! カーニボア ドッグフードの批評(ドライ)

2021年12月3日

GO! カーニボア アダルト

GO! カーニボア ドッグフードはいぬわーんで最高評価の5つ星を獲得しました。

評価:

GO! カーニボア ドッグフードは全部で3種類あります。以下はその3種類と評価をまとめた表になります。表の成長段階に書いてある記号はそれぞれの頭文字を取ったもので【G=子犬、M=成犬・老犬、A=オールステージ、U=不明】の意味があります。

また、ここでは3種類を代表してGO! カーニボア アダルトを批評していきますが、他の種類の批評が見たい場合は表中の内部リンクを利用してください。

製品評価成長段階
GO! カーニボア パピー5A
GO! カーニボア アダルト5M
GO! カーニボア シニア5M

原材料とラベルの分析

GO! カーニボア アダルト

製品サイズ:100g / 1.59kg / 5.44kg / 9.98kg

GO! カーニボア アダルト

Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探す

ドッグフードを選ぶ際には原材料に書かれた上から最初の10品目を見てください。原材料の表示は原則、重量順です。つまり、最初に書いてあるものがもっとも含有量が多いのです。

原材料:チキンミール, ターキーミール, サーモンミール, チキン生肉 (骨抜き), ターキー生肉 (骨抜き), マス生魚 (骨抜き), ポテト, エンドウ豆, タピオカ, レンズ豆, ヒヨコ豆, チキン脂肪, ダックミール, ナチュラルフレーバー(チキン由来), 乾燥鶏卵, リンゴ, 大西洋ニシンミール, サーモン油, アルファルファ, ダック生肉 (骨抜き), サーモン生魚 (骨抜き), スイートポテト, フラックスシード, 塩化カリウム, カボチャ, ニンジン, バナナ, ブルーベリー, クランベリー, ブロッコリー, ブラックベリー, スクワッシュ (カボチャ類), パパイヤ, ザクロ, 乾燥チコリ根, 乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵生成物, 乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵生成物, 乾燥アスペルギルス・オリザエ発酵抽出物, 乾燥バチルス・サブティリス発酵抽出物, 塩化コリン, ビタミン類 (ビタミンAサプリメント, ビタミンD3サプリメント, ビタミンEサプリメント, ナイアシン, L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源), d-パントテン酸カルシウム, 硝酸チアミン, β-カロテン, リボフラビン, 塩酸ピリドキシン, 葉酸, ビオチン, ビタミンB12サプリメント), ミネラル類 (タンパク質キレート亜鉛, タンパク質キレート鉄, タンパク質キレート銅, 酸化亜鉛, タンパク質キレートマンガン, 硫酸銅, 硫酸第一鉄, ヨウ素酸カルシウム, 酸化マンガン, セレン酵母), 塩化ナトリウム, タウリン, ユッカシジゲラ抽出物, 乾燥ローズマリー, 緑茶抽出物, ペパーミント, パセリ, ローズヒップ, ガジュツ, ダンデライオン, カモミール, ジンジャー, フェンネル, ターメリック, ジュニパーベリー, リコリス, マリーゴールド抽出物, カルダモン, クローブ,酸化防止剤(ミックストコフェロール)

赤字は物議をかもします。

粗灰分=10.5%以下, 粗繊維=3%以下 (推定乾物繊維量=3.3%), 水分=10%以下

測定方法タンパク質脂質炭水化物
保証分析値34%16%NA
乾物基準37.7%17.8%32.7%
熱量基準34.2%39.1%26.6%

このドッグフードの1〜6番目まではチキンミール, ターキーミール, サーモンミール, チキン生肉 (骨抜き), ターキー生肉 (骨抜き), マス生魚 (骨抜き)です。

6番目まで動物性タンパク質が続いていますね。多種多様な肉類と魚類を含むので嗜好性が高そうです。食いつきは良いでしょう。

乾物タンパク質37.7%,脂質17.8%。タンパク質量に比べて脂質はそんなに多くないですね(油脂も入っているのに)。これだけタンパク質が多ければ脂質も高くなるはずですが、ミールをメイン食材にして脂質を抑えているのかなという印象です。生肉が骨抜きになっているのはカルシウムとリンの含有量を考えてでしょう。

10品目より下にも、いっぱいタンパク質源が入っています。ダックミール, 乾燥鶏卵, 大西洋ニシンミール, ダック生肉 (骨抜き), サーモン生魚 (骨抜き),

7番目の原材料はポテトです。

ポテトは主成分がデンプン(炭水化物)でタンパク質や脂質以外でエネルギーを確保しやすい食材です。穀物には該当せず、さらにグルテンフリーです。

8,10,11番目の原材料はエンドウ豆、レンズ豆, ヒヨコ豆です。

穀物不使用フードではえんどう豆、レンズ豆、ひよこ豆はよく見かける食材です。穀物不使用といっても炭水化物は必要なのでマメ科の植物が入っていますね。ポテトやタピオカも穀物不使用フードではよく見かける食材です。ここに含まれているマメ科の植物は主にデンプンを多く含み、食物繊維、タンパク質も含んでいます。

9番目の原材料はタピオカです。

タピオカはキャッサバのデンプンから作られたものでタンパク質や食物繊維、脂質はほぼ0%に近いので純粋な炭水化物源です。炭水化物はエネルギー源ですが、ドライフードではキブルの形状や質感、硬さを調節するのにも大切な要素です。

ここまで原材料をリストの上から順番に見てきました。この製品には他にも多くの原材料が含まれていますが、これよりも下に位置する原材料は評価に影響を与えそうにありません

ただし、6つの例外があります。

まず、チキン脂肪, サーモン油, フラックスシードです。

これらは必須脂肪酸の供給源です。チキン脂肪はオメガ6脂肪酸(リノール酸)の供給源です。動物性脂肪はその動物の香りにも繋がるのでおいしそうなニオイの元としての側面もあります。

サーモン油とフラックスシード(亜麻仁)はオメガ3脂肪酸の供給源です。オメガ3脂肪酸にはα-リノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)が存在します。

お魚を食べて頭が良くなるで連想するDHA,EPAはご存じですよね。ALAは植物性のオメガ3脂肪酸で犬の体内でDHA,EPAに合成されます。合成時には変換ロスがあるのでサーモン油のほうが良質なオメガ3脂肪酸の供給源です。ただし、亜麻仁は他にも食物繊維やタンパク質を含んでおり、オメガ3脂肪酸以外にも栄養素を提供します。

次に、アルファルファです。

和名ではウマゴヤシと呼ばれるもので ”馬肥やし” から分かるように馬の飼料として一般的です。豆の新芽なので見た目はもやしに似ています。

アルファルファは最大で重量の50%がタンパク質を含有しているため、かさ増しの一種と見なすことができます。ただし、ミネラルやビタミン、食物繊維の供給源として考えれば決して悪い選択肢ではありません。

次に、野菜と果物です。

野菜はβ-カロテンが多く含まれているものが選ばれています。ニンジン、カボチャ、ブロッコリーは緑黄色野菜です。緑黄色野菜は可食部分にβ-カロテンが多く含まれているのを言いますよね。スイートポテトはアメリカのサツマイモですが、日本のサツマイモと違ってβ-カロテンが多く含まれています。β-カロテンは体内で必要量に応じてビタミンAに合成されますが、使われなかった分は抗酸化作用や免疫機能を活性化する成分になります。

果物は多種多様なポリフェノールを含んだ物が選ばれていますね。ポリフェノールは植物に存在する苦味や色素の成分のことでビタミンCやビタミンEと同様に強い抗酸化作用があります。ブルーベリーとクランベリーはポリフェノールの一種アントシアニンが含まれています。この2つはフードでよく見かけますね。ザクロやブラックベリーも同様にアントシアニンが入っています。

バナナ、パパイヤ、リンゴもポリフェノールが多いです。バナナは熟すほどポリフェノールが多くなります。パパイアはパパインと呼ばれるたんぱく質消化酵素があり、消化促進に効果があります。リンゴの食物繊維はペクチンと呼ばれる水溶性食物繊維が含まれており、プレバイオティクスとして作用します。

こうやって見ていくと必須の栄養素ではないですけど、健康成分であったり、抗酸化性がある機能性成分が多く含まれていますね。

次に、プレバイオティクスとプロバイオティクスです。

原材料のチコリ根は主成分がイヌリンと呼ばれる水溶性食物繊維で腸内でプレバイオティクスとして作用します。そして、○○発酵生成物/○○発酵抽出物はプロバイオティクスです。

プロバイオティクスは乳酸菌の一種(善玉菌)でお腹の健康と免疫力を高める働きがあります。ヨーグルトでも乳酸菌入りと書いてありますが、乳酸菌の名前はちょっと覚えにくいものですよね。

プレバイオティクスは単体ではただの消化吸収できない食物繊維ですが、腸内でプロバイオティクスによって発酵・分解されると有益な短鎖脂肪酸を生み出し、善玉菌の増殖・活性化の手助けをします。

プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせると相乗効果でより効果的に腸内環境を整えることができます。

次に、ミネラル類です。

ミネラル類 (タンパク質キレート亜鉛, タンパク質キレート鉄, タンパク質キレート銅, 酸化亜鉛, タンパク質キレートマンガン, 硫酸銅, 硫酸第一鉄, ヨウ素酸カルシウム, 酸化マンガン, セレン酵母),

微量必須ミネラルの一部がキレート加工されているようです。タンパク質キレート亜鉛とあるのがそうです。亜鉛のような微量必須ミネラルはとても吸収率が低いので吸収を高める加工が施してあります。キレートミネラルは高コストなのでプレミアムフードでよく見かけるミネラルです。

次に、タウリンです。

タウリンは含硫アミノ酸で心臓の収縮運動や肝臓機能のサポートなどに使われます。体内でメチオニンとシステインから合成可能なので食事から摂取する必要がない成分ですが、不足すると心臓病を引き起こす可能性があるので大切な成分です。

このフードには多様な肉類と魚類が使用されているので食材からもタウリンが摂取できて必要量は満たしていると思うのですが、近年では拡張型心筋症の問題が取り沙汰されたので含まれていると安心できる原材料の一つだと言えます。

最後に、ハーブです。

このフードに入っているハーブは、ユッカシジゲラ抽出物(消化促進・糞尿ニオイ軽減), 乾燥ローズマリー(酸化防止剤), ペパーミント(消化促進), パセリ(利尿・栄養補給), ローズヒップ(収れん・栄養補給), ガジュツ(消化促進・胃腸薬), ダンデライオン(消化促進・肝臓), カモミール(消化促進), ジンジャー(消化促進), フェンネル(消化促進), ターメリック(消化促進・肝臓), ジュニパーベリー(腎臓機能), リコリス(抗炎症、消化促進), カルダモン(消化促進), クローブ(消化促進・口腔環境),マリーゴールド抽出物(ルテイン源), 緑茶抽出物(酸化防止剤)です。

多いですね。丸括弧内は主な作用を書きました。ほとんど消化促進・肝臓機能の向上を目的としたハーブです。このフードの性質が高タンパク、低糖質(炭水化物)なので消化不良に考慮して配合したのでしょうか。だったら高タンパクにしなければいいのにとか思ったらいけないでしょうか🤗

この中でリコリスとジュニパーベリーは長期使用に向いていないハーブです。GO!は栄養学の博士号を取得した人達による開発チームが栄養設計していますし、ハーブ自体がごく少量しか使われていないのでそれほど神経質になる必要もないと思いますが、一応触れておきます。

GO! カーニボアの製品ラベルから得られる情報は限られます。そのフードの安全性や品質基準は知り得ることができません。これらの情報についてはペットキュリアンの英語公式サイトと日本輸入総販売元のGPN(Global Pet Nutrition Inc.)に書かれているので確認しておきましょう。

  • 高タンパク質・低糖質(低炭水化物)のレシピです。
  • キブルサイズは約1cmの中粒タイプ。中型犬~大型犬の口に合うサイズです。
  • 肉中心のレシピの栄養バランスを調整するために機能性成分を多く含む野菜と果物、ハーブを配合。
  • グレインフリー(穀類不使用)、グルテンフリー、人工添加物(保存料、香料、着色料)を不使用。
  • ペットキュリアンの製品(GO!、NOW FRESH、GATHER)のレシピはジェニファー・エイドルフ博士が率いる栄養学チームが設計しています。
  • ドライフードはカナダのオンタリオ州にあるEU(欧州連合)、FDA(米国食品医薬品局)、CFIA(カナダ食品検査庁)により認可された衛生基準を有する工場で製造されています。
  • 製造過程ではカナダ政府(保健省)が設定した品質保証テストを行い、合格した製品のみ出荷しています。
  • 製造工場は品質保証のために人間用食品の監査を行っているNSF Cook & Thurber と the American Institute of Baking に独立監査を依頼しています。
  • 原材料にはカナダ食品検査庁で人間用の基準を満たした食材を使用しています。中国産不使用、中国で加工された食材も不使用です。
  • カナダの地元農家と牧場主から新鮮食材を仕入れています。製造工場に近いので生肉・鮮魚は冷凍加工せずチルド(冷蔵)で管理しています。ラム肉と鹿肉だけはオーストラリアとニュージーランド(EUから認可を受けた工場)から仕入れています。
  • すべてのレシピで肉副産物、成長ホルモンを使用した肉、人工添加物(保存料・香料・着色料)を使っていません。カナダでは1960年代より鶏肉にホルモン類とステロイドの使用が禁止されています。
  • すべてのレシピで食品の保存料には混合トコフェロール(ビタミンE)を使用しています。エトキシキン、BHA、BHTは不使用。魚類は製造工場で調理される前に水銀などの重金属のテストが行われています。
  • ペットキュリアンは各フードの製品概要ページにて無作為に選んだ製品の栄養成分を公開しています。保証分析値はすべての製品に当てはまるように数値化されたものなので保証分析値とは異なる値になっています。

参照:https://www.petcurean.com/
https://www.gpn-inc.co.jp/

成分と肉含有量の分析

GO! カーニボア アダルトは原材料だけで判断すると平均以上のドッグフードに見えます。

しかし、原材料の品質だけではなく、成分 (タンパク質・脂質・炭水化物) と肉の含有量も評価を下すために重要です。

ラベルの分析で乾物基準はタンパク質が38%、脂質が18%、推定炭水化物が33%と判明しました。

脂質とタンパク質の比率は約47%です。

一般的な成犬向けのドライフードと比較するとタンパク質は平均以上、脂質は平均以上、炭水化物は平均以下。

エンドウ豆, レンズ豆, ヒヨコ豆, アルファルファ, フラックスシードで総タンパク質を増加させることを考えても、このドッグフードは大量の肉を含んでいるように見えます。

最終評価

GO! カーニボア アダルトは動物性タンパク質の供給源として大量のチキンミール、ターキーミール、サーモンミールを使用した穀物を含まないドライフードです。星5の評価を下しました。

とてもおすすめします。

カーニボアは高タンパク、低糖質(炭水化物)が特徴のフードです。タンパク質の85%が動物性由来(子犬のみ87%)。植物性タンパク質を抽出した原材料は使われていません。純粋に肉・魚をふんだんに使用したフードです。

カーニボア アダルトは乾物タンパク質が37.7%、成犬向けの平均は27.7%(執筆時)なので、かなり高タンパクに分類されます。このフードを見ているとアカナ(レジオナル)を思い出します。アカナもたしかカナダのフードでしたね。

カーニボアの動物性タンパク質のメインはミールです。ミールは愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)で原材料の調達方法などについて一定の基準が設けられています。しかし、使われる部位はコストカットの側面から主に不可食臓器類(頭、足、脂、骨、血液、レンダリング用副生物)が一般的です。(牛・羊・ヤギはBSE,TSEにより可食臓器類のみ)

でも、ペットキュリアン社は人間基準の食材と副産物不使用でフードを作っているのでカーニボアに使われているミールの品質は良いだろうと判断できます。また、ミールは高温調理によってタンパク質変性が進んでいるはずですが、生肉・豆類が入っているので不足するアミノ酸は補われているでしょう。その証拠に合成アミノ酸は入っていません。

カーニボアは肉を大量に使っており、肉の安全性と無作為に選ばれた製品の成分表も公式サイトで公開していることから肉肉しいフードとして最高品質と考えていいでしょう。

ただ、ハーブがかなり多いです。高タンパクだから消化促進と肝臓機能を配慮してのことでしょうか。ハーブは最初に犬との相性を見るが鉄則です。例えば1週間のうち5日与えたら2日休むというサイクルをつくり、ハーブに対する反応を見て、具合が悪くならないか確認しつつ与えるものです。こんなにも多様なハーブが使われ、リコリスやジュニパーベリーのような長期の使用には向かないものも含まれています。この製品だけを長期で利用するのではなく、他の製品とローテーションするのも考えたほうがいいでしょう。

グレインフリーと心臓病の潜在的な関係性

アメリカ食品医薬品局 (FDA) は2019年6月27日にグレインフリー (穀物を含まない) と拡張型心筋症との潜在的な関係について3回目の調査状況を発表しました。

詳しくは「FDAがグレインフリーと心臓病との潜在的な関連性を調査対象にする」をご覧ください。

おわりに

いぬわーんは個人所有のWebサイトです。そしてペットフード製造業者といかなるアフィリエイト提携をしていません。

ただし、一部のオンライン小売業者 (Amazon・楽天市場・Yahooショッピング) からはアフィリエイト紹介料を頂いています。

これはいぬわーんの運営者を支援して、すべてのコンテンツを無料で公開することに繋がっています。

そしてドッグフードの批評を行う際に金銭的な誘惑によって評価を下すことなく、公平かつ偏りのない判断を下すことにも繋がっています。

詳細については「免責事項」をご覧ください。