ボッシュ ハイプレミアム ソフトシニア ヤギ&ポテト

ボッシュ ハイプレミアム ソフトシニア ヤギ&ポテトの批評(ソフト)

ボッシュ ハイプレミアム ソフトシニア ヤギ&ポテトはいぬわーんで中間評価の3つ星と判断されました。

評価:

ボッシュ ハイプレミアム ソフトシニア ヤギ&ポテト

ボッシュ ハイプレミアム ソフトシニア ヤギ&ポテト

Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探す

※シニア犬 7歳以上、単一タンパク質、グレインフリー、避妊・去勢犬、体重管理、アレルギーに配慮

以下は同メーカーの関連製品です。ペットフードの表示に関する公正競争規約に則っている場合は、総合栄養食の表示とドッグフードが適応する成長段階が併記されています。

G=子犬、M=成犬・老犬、A=オールステージ、U=不明

製品評価成長段階
ボッシュ ハイプレミアム プラスアダルト マス&ポテト3M
ボッシュ ハイプレミアム ソフトアダルト 鴨&ポテト4M
ボッシュ ハイプレミアム ソフトシニヤ ヤギ&ポテト3M

ボッシュ ハイプレミアム ソフトシニア ヤギ&ポテトの原材料とラベルの分析

原材料:新鮮なヤギ(20%)、ポテト粉(20%)、ポテト澱粉、ポテトタンパク質セルロースエンドウ豆(乾燥)乾燥ビートパルプ(砂糖を除去)エンドウ豆タンパク質、家禽脂肪、リン酸二カルシウム、加水分解タンパク質(植物源)、亜麻仁、酵母(乾燥、0.04%ベータグルカンを含む)、オオバコ種子、塩化ナトリウム、チコリ(乾燥、0.1%)、グルコサミン、コンドロイチン硫酸塩

1kgあたりの栄養添加物:ビタミンA 13,000 IU、ビタミンD3 1,300 IU、ビタミンB1 11 mg、ビタミンB2 11 mg、ビタミンB6 6 mg、ビタミンB12 40 mcg、ビオチン350 mcg、パントテン酸20 mg、ナイアシン40 mg、葉酸2 mg、塩化コリン1,350 mg、ビタミンE400mg、亜鉛(アミノ酸として亜鉛キレート、水和物)40 mg、銅(硫酸第二銅、五水和物として)11 mg、ヨウ素(ヨウ化カルシウム、無水)2 mg、セレン(セレン酸ナトリウムとして)0.2 mg、亜鉛(酸化亜鉛として)77mg

肉含有量/動物性タンパク質の割合:20.00%
総タンパク質に対する動物性タンパク質の割合:20.30%

赤字は物議をかもします。

粗灰分=7.5%以下, 粗繊維=5.7%以下 (推定乾物繊維量=7%), 水分=19%以下

測定方法タンパク質脂質炭水化物
保証分析値19%6%NA
乾物基準23.4%7.4%60%
熱量基準24.8%19%56%

このドッグフードの最初の原材料は新鮮なヤギです。ヤギ肉は完全なタンパク質の源で犬に必要な10種類のアミノ酸を豊富に含んでいます。また、ヤギ肉は鶏肉や牛肉よりも低脂肪・低コレステロールで鉄分も多く含んでいます。

次に、このドッグフードにはいくつかの芋類に関連する原材料が含まれていることに注目してください。

  • ポテト粉
  • ポテト澱粉
  • ポテトタンパク質

これは原材料の分割と呼ばれる手法です。このドッグフードはグレインフリーなので穀物の代わりに芋類をでん粉源としていますが、原材料の含有量を偽る原材料の分割に注意すべきです。

もし芋類に関連する原材料を一つと考えたとき、原材料リストのさらに上位の位置にくるかもしれません。

また、芋類(ポテト澱粉を除く)には植物性タンパク質が多く含まれるので肉の含有量を判断する際に考慮すべき要素です。

4番目の原材料はセルロースです。セルロースは不溶性食物繊維で一食あたりのカロリーを下げて、満腹感を与えるために加えられています。栄養的価値はないので繊維の利点以外、犬にメリットはありません。

5番目の原材料は乾燥エンドウ豆です。エンドウ豆は良質な炭水化物源で食物繊維が豊富です。エンドウ豆は植物性タンパク質を多く含むので肉の含有量を判断する際に考慮すべき要素です。

6番目の原材料は乾燥ビートパルプです。ビートパルプはテンサイから砂糖を抽出した後に残る繊維状の物質です。ビートパルプはたびたび議論になります。安価にかさ増しできる不要物と非難する人もいれば、食物繊維が役に立つと言う人もいます。ここでは賛否両論があることを伝えるだけで、適度な量であれば許容できる原材料だと考えます。

7番目の原材料はエンドウ豆タンパク質です。エンドウ豆タンパク質はエンドウ豆由来の植物性タンパク質です。動物性タンパク質よりも消化性必須アミノ酸スコアが劣っています。

一般的に、このような原材料はドッグフードに少量だけ含ませて総タンパク質量を増加させることに使われます。

8番目の原材料は家禽脂肪です。家禽脂肪は鶏肉・七面鳥・ダックなどのあらゆる家禽類の脂肪を指しており、具体的な原料は不明で製造業者の都合でいつでも内容(使用する脂肪)の変更を可能にしています。

9番目の原材料はリン酸二カルシウムです。リン酸二カルシウムはリンとカルシウムの供給源です。

10番目の原材料は加水分解タンパク質(植物源)です。植物由来のタンパク質を原料の段階でアミノ酸まで分解処理(加水分解方式)して低刺激性にしたものです。

アレルギーへの影響が極めて低いことから食物アレルギーに配慮したドッグフードに含まれていることが多いです。

ここまで原材料をリストの上から順番に見てきました。この製品には他にも多くの原材料が含まれていますが、これよりも下に位置する原材料は評価に影響を与えそうにありません

ただし、4つの例外があります。

まず、亜麻仁です。亜麻仁はオメガ3脂肪酸の良質な供給源で健康的な毛質をサポートします。他にも食物繊維が豊富です。亜麻仁は植物性タンパク質を多く含んでいるので、肉の含有量を判断するときに考慮しなければいけません。

次に、乾燥酵母です。このドッグフードの酵母はビール酵母が使われています(公式サイトのよくある質問参照)。ビール酵母はビール醸造で用済みになった酵母廃棄物ですが、ミネラルやビタミンBなど豊富な栄養素が含まれており、胃腸の働きを整えたり、体臭の変化によりダニやノミを寄せ付けない効果があると考えられています。

しかし、特定の犬はビール酵母にアレルギーを持っている可能性があります。ただ、あなたの犬がアレルギー症状を起こさない限り、ビール酵母は栄養価の高い添加物と見なすことができます。

ビール酵母には植物性タンパク質が多く含まれているので肉の含有量を判断するときに考慮しなければいけません。

そして、乾燥チコリです。チコリの根にはイヌリンと呼ばれる水溶性繊維が含まれており、プレバイオティクスとして腸内で善玉菌の餌となり、増殖を手助けして腸内環境を整える働きに関与します。

最後に、ミネラルは亜鉛だけがキレート化されているようです。キレート化されたミネラルは吸収率が上がり、体に吸収されやすくなります。そして、通常のミネラルより高コストなので一般的に高品質のドッグフードに多く見られます。

ボッシュ ハイプレミアム ソフトシニア ヤギ&ポテトの成分と肉含有量の分析

ボッシュ ハイプレミアム ソフトシニア ヤギ&ポテトは原材料だけで判断すると平均的なドッグフードに見えます。

しかし、原材料の品質だけではなく、成分 (タンパク質・脂質・炭水化物) と肉の含有量も評価を下すために重要です。

ラベルの分析で乾物基準はタンパク質が23%、脂質が7%、推定炭水化物が60%と判明しました。

脂質とタンパク質の比率は約32%です。

一般的なドライタイプのドッグフードと比較するとタンパク質は平均以下、脂質は平均以下、炭水化物は平均以上。

ポテト粉、ポテトタンパク質、乾燥エンドウ豆、エンドウ豆タンパク質、亜麻仁、乾燥酵母で総タンパク質を増加させることを考えると、このドッグフードは僅かな量の肉しか含んでいないように見えます。

ボッシュ ハイプレミアム ソフトシニア ヤギ&ポテトの最終評価

ボッシュ ハイプレミアム ソフトシニア ヤギ&ポテトは動物性タンパク質の供給源として僅かな量のヤギを使用した穀物を含まないドライフードです。星3の評価を下しました。

少しおすすめです。

評価はいぬわーんが推定した肉の含有量、脂質とタンパク質の比率、原材料の品質などの批評基準に基づいて決定しています。

ボッシュ ハイプレミアム ソフトシニア ヤギ&ポテト

ボッシュ ハイプレミアム ソフトシニア ヤギ&ポテト

Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探す

グレインフリーと心臓病の潜在的な関係性

アメリカ食品医薬品局 (FDA) は2019年6月27日にグレインフリー (穀物を含まない) と拡張型心筋症との潜在的な関係について3回目の調査状況を発表しました。

詳しくは「FDAがグレインフリーと心臓病との潜在的な関連性を調査対象にする」をご覧ください。

おわりに

いぬわーんは個人所有のWebサイトです。そしてペットフード製造業者といかなるアフィリエイト提携をしていません。

ただし、一部のオンライン小売業者 (Amazon・楽天市場・Yahooショッピング) からはアフィリエイト紹介料を頂いています。

これはいぬわーんの運営者を支援して、すべてのコンテンツを無料で公開することに繋がっています。

そしてドッグフードの批評を行う際に金銭的な誘惑によって評価を下すことなく、公平かつ偏りのない判断を下すことにも繋がっています。

詳細については「免責事項」をご覧ください。

リコール等情報

ドッグフードの最新リコールをすべて確認したい場合はこちらの「ドッグフードのリコール等情報」をご覧ください。

-星3

© 2021 いぬわーん@ドッグフードの批評サイト