ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)の批評

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)はいぬわーんで高評価の4つ星と判断されました。

評価:

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)

Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探す

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)の原材料

原材料:ドライチキン・ソラマメ・グリーンピース・ポテト・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理)・シトラス繊維豆繊維・フラックスシード・スィートポテト・乾燥醸造酵母・チキンレバー・塩・ドライケルプ・硫酸水素ナトリウム・DLメチオニン・レシチン・タウリン・グルコサミン塩酸塩・コンドロイチン硫酸・ユッカシジゲラ・カルニチン・はちみつ・ブルーベリー・クランベリー・ケール・チコリ根・パンプキン・ほうれん草・ジンジャー・ペパ―ミント・ターメリック・ドライローズマリー・クエン酸・Lリジン塩酸塩・硫酸亜鉛・硫酸第一鉄・Lアスコルビル2ポリリン酸(ビタミンC源)・ビタミンE・アガリクス・ストレプトコッカス サリバリウス(口腔内善玉菌)・エンテロコッカスフェカリスEF2001・ビオチン・ビタミンA・メチオニン亜鉛・硫酸マンガン・硫酸銅・亜セレン酸ナトリウム・メチオニンマンガン・銅リジン・ナイアシン・パントテン酸カルシウム・チアミン硝酸塩・ビタミンB12・リボフラビン・ヨウ化カルシウム・ピリドキシン塩酸塩・硫酸コバルト・ビタミンD3・葉酸・バチルスリケニフォルミス・バチルスサブティリス

赤字は物議をかもします。

粗灰分=6.5%, 粗繊維=4.5% (推定乾物繊維量=5%), 水分=10%

測定方法タンパク質脂質炭水化物
ラベル保証26%10%NA
乾物基準29%11%53%
熱量基準28%26%46%

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)の総合評価

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)は原材料だけで判断すると平均以上のドッグフードに見えます。

しかし、原材料の品質だけではなく、成分 (タンパク質・脂質・炭水化物) と肉の含有量も評価を下すために重要です。

乾物基準ではタンパク質が29%、脂質が11%、推定炭水化物が53%と判明しました。

脂質とタンパク質の比率は約38%です。

一般的な成犬向けのドライフードと比較するとタンパク質は平均以上、脂質は平均以下、炭水化物は平均以上。

ソラマメ、グリーンピース、亜麻仁で総タンパク質を増加させることを考えても、このドッグフードは適度な量の肉を含んでいるように見えます。

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)は動物性タンパク質の供給源として適度な量のチキンミールを使用した穀物を含まないドライフードです。星4の評価を下しました。

とてもおすすめです。

評価はいぬわーんが推定した肉の含有量、脂質とタンパク質の比率、原材料の品質などの批評基準に基づいて決定しています。

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)

Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探す

グレインフリーと心臓病の潜在的な関係性

アメリカ食品医薬品局 (FDA) は2019年6月27日にグレインフリー (穀物を含まない) と拡張型心筋症との潜在的な関係について3回目の調査状況を発表しました。

詳しくは「FDAがグレインフリーと心臓病との潜在的な関連性を調査対象にする」をご覧ください。

おわりに

いぬわーんは個人所有のWebサイトです。そしてペットフード製造業者といかなるアフィリエイト提携をしていません。

ただし、一部のオンライン小売業者 (Amazon・楽天市場・Yahooショッピング) からはアフィリエイト紹介料を頂いています。

これはいぬわーんの運営者を支援して、すべてのコンテンツを無料で公開することに繋がっています。

そしてドッグフードの批評を行う際に金銭的な誘惑によって評価を下すことなく、公平かつ偏りのない判断を下すことにも繋がっています。

詳細については「免責事項」をご覧ください。

リコール等情報

ドッグフードの最新リコールをすべて確認したい場合はこちらの「ドッグフードのリコール等情報」をご覧ください。