アーテミス ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)の批評

アーテミス ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)はいぬわーんで高評価の4つ星と判断されました。

評価:

アーテミス ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)

Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探す

※成犬用、グレインフリー

以下は同メーカーの関連商品です。ペットフードの表示に関する公正競争規約に則っている場合は、総合栄養食の表示とドッグフードが適応する成長段階が併記されています。

G=子犬、M=成犬・老犬、A=オールステージ、U=不明

重要:大型犬の子犬のためにドッグフードを選ぶ場合は、成長段階が成長期とオールステージに該当していても「大型犬の子犬にとって安全であるか」を確認してください。

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)の原材料

原材料:ドライチキン・ソラマメ・グリーンピース・ポテト・鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存処理)・シトラス繊維豆繊維・フラックスシード・スィートポテト・乾燥醸造酵母・チキンレバー・塩・ドライケルプ・硫酸水素ナトリウム・DLメチオニン・レシチン・タウリン・グルコサミン塩酸塩・コンドロイチン硫酸・ユッカシジゲラ・カルニチン・はちみつ・ブルーベリー・クランベリー・ケール・チコリ根・パンプキン・ほうれん草・ジンジャー・ペパ―ミント・ターメリック・ドライローズマリー・クエン酸・Lリジン塩酸塩・硫酸亜鉛・硫酸第一鉄・Lアスコルビル2ポリリン酸(ビタミンC源)・ビタミンE・アガリクス・ストレプトコッカス サリバリウス(口腔内善玉菌)・エンテロコッカスフェカリスEF2001・ビオチン・ビタミンA・メチオニン亜鉛・硫酸マンガン・硫酸銅・亜セレン酸ナトリウム・メチオニンマンガン・銅リジン・ナイアシン・パントテン酸カルシウム・チアミン硝酸塩・ビタミンB12・リボフラビン・ヨウ化カルシウム・ピリドキシン塩酸塩・硫酸コバルト・ビタミンD3・葉酸・バチルスリケニフォルミス・バチルスサブティリス

赤字は物議をかもします。

粗灰分=6.5%, 粗繊維=4.5% (推定乾物繊維量=5%), 水分=10%

測定方法タンパク質脂質炭水化物
ラベル保証26%10%NA
乾物基準29%11%53%
熱量基準28%26%46%

このドッグフードの最初の原材料はドライチキンです。チキンは鶏の清潔な肉と皮です。骨の有無は問われません。羽毛、頭、足、内臓は含まれていません。人間用に売られている丸焼き用の内臓処理等を施された鶏と同じです。

チキンには犬が生命を維持するために必要な10種類の必須アミノ酸がすべて豊富に含まれています。

2番目の原材料はソラマメです。ソラマメは炭水化物源です。ソラマメはマメ科の中で大豆に続いてタンパク質が多く含まれています。肉の含有量を判断する際に考慮すべき要素です。

3番目の原材料はグリーンピースです。グリンピースは炭水化物源で食物繊維が豊富です。グリンピースはタンパク質を含むので肉の含有量を判断する際に考慮すべき要素です。

4番目の原材料はポテトです。ポテトはデンプンを主成分とする穀類でグルテンを含みません。カロリーを除けば犬にとって少しの栄養価しかない炭水化物です。

5番目の原材料は鶏脂肪です。鶏脂は消化しやすい動物性脂肪であり、必須脂肪酸のリノール酸 (オメガ6脂肪酸) を多く含んでいます。ドッグフードに加えることで風味を高める効果がある良質な油です。

6番目の原材料はシトラス繊維です。シトラス繊維は柑橘類の皮に含まれる食物繊維です。不溶性繊維と水溶性繊維をバランス良く含んでいます。栄養的価値はありません。

7番目の原材料は豆繊維です。豆から分離された繊維(セルロース)のことで不溶性繊維です。胃や腸で水分を吸収して膨らみ、蠕動運動を活発化させることで便通を良くします。栄養的価値はありません。

8番目の原材料はフラックスシードです。フラックスシード(亜麻仁)はオメガ3脂肪酸の良質な供給源で健康的な毛質をサポートします。他にも食物繊維が豊富です。

亜麻仁はタンパク質を含んでいるので、肉の含有量を判断するときに考慮しなければいけません。

9番目の原材料はスィートポテトです。スイートポテト(サツマイモ)は炭水化物源です。他に食物繊維とヤラピンが含まれます。ヤラピンは緩下剤としての効果があるので食物繊維と相乗効果によって便秘改善の効果があります。

10番目の原材料は乾燥醸造酵母です。酵母は真菌類に属する単細胞の生きている菌ですが、一般的には出芽酵母 (ビール酵母、パン酵母など) の一種を指しています。

酵母は腸内で善玉菌として働き、悪玉菌を退治して、腸内環境を整えてくれます。また、糖質を分解してアルコールと炭酸ガスに変え、糖の吸収を阻害して血糖値の上昇を抑える効果もあります。

酵母の種類によって得意不得意があり、アルコールを作り出すのが得意な酵母もあれば、炭酸ガスを作り出すのが得意な酵母もあります。ビール醸造やパン作りに使われる酵母が異なるのはそのためです。

そして、一言で酵母といっても、その種類は実に様々で、ここで使われている酵母の種類について明記されていないので品質を判断することは不可能です。

ここまで原材料をリストの上から順番に見てきました。この製品には他にも多くの原材料が含まれていますが、これよりも下に位置する原材料は評価に影響を与えそうにありません

ただし、7つの例外があります。

まず、チキンレバーです。家禽屠殺による副産物ですが、由来する動物の名前と部位が分かっているので良質な原材料です。

次に、タウリンです。タウリンは心臓機能の維持をサポートするアミノ酸です。タウリンはAAFCOの栄養基準で犬にとって非必須アミノ酸となっていますが、一部の犬種では体内で十分に生成できていない可能性が指摘されています。

タウリンを原材料に加えているところを見ると特別な配慮を感じます。なお、タウリン欠乏症は穀物を含まないドッグフードを食べている犬がよりなりやすいと考えられています。

そして、はちみつです。蜂蜜は水(約17%)と炭水化物(約82%)でほとんどが構成されています。

蜂蜜は単糖類のフルクトースとブドウ糖によって、その甘さが特徴ですが、高カロリーで虫歯と肥満の原因になるので砂糖の一種と見なさなければいけません。

そして、蜂蜜は子犬にとって危険性があるため、多頭飼いで子犬がいる場合は避けたほうがいい原材料です。

それから、チコリ根です。チコリ根にはイヌリンが多く含まれています。イヌリンは難消化性の水溶性食物繊維でプレバイオティクスです。

イヌリンが大腸で腸内細菌によって発酵されると短鎖脂肪酸を生成してさまざまな健康上の利点をもたらします。

次に、ミネラルはキレート化されているようには見えません。体がミネラルを吸収するときに効率が悪いことを意味します。キレート化されたミネラルは通常、高品質のドッグフードに含まれていることが多いです。

次に、アガリクスです。アガリクスは免疫賦活作用があるとされる薬用キノコです。キノコ特有のβグルカンを多く含み、体の免疫力を高める働きがあります。

最後に、ストレプトコッカス サリバリウスなどの乳酸菌です。これらはプロバイオティクスのために含まれています。

プロバイオティクスは「腸内フローラのバランスを改善することによって宿主の健康に好影響を与える生きた微生物」です。効果は腸内環境を整える、免疫機能の強化、動脈硬化の予防などです。[1]

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)の総合評価

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)は原材料だけで判断すると平均以上のドッグフードに見えます。

しかし、原材料の品質だけではなく、成分 (タンパク質・脂質・炭水化物) と肉の含有量も評価を下すために重要です。

乾物基準ではタンパク質が29%、脂質が11%、推定炭水化物が53%と判明しました。

脂質とタンパク質の比率は約38%です。

一般的なドライタイプのドッグフードと比較するとタンパク質は平均的、脂質は平均以下、炭水化物は平均以上。

ソラマメ、グリーンピース、亜麻仁で総タンパク質を増加させることを考えても、このドッグフードは適度な量の肉を含んでいるように見えます。

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)は動物性タンパク質の供給源として適度な量の動物の種類を説明する肉類を使用した穀物を含むドライタイプのドッグフードです。星4の評価を下しました。

とてもおすすめです。

評価はいぬわーんが推定した肉の含有量、脂質とタンパク質の比率、原材料の品質などの批評基準に基づいて決定しています。

アーテミス ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)

ブリスミックス ドッグ pHコントロール グレインフリーチキン小粒(犬用)

Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探す

グレインフリーと心臓病の潜在的な関係性

アメリカ食品医薬品局 (FDA) は2019年6月27日にグレインフリー (穀物を含まない) と拡張型心筋症との潜在的な関係について3回目の調査状況を発表しました。

詳しくは「FDAがグレインフリーと心臓病との潜在的な関連性を調査対象にする」をご覧ください。

おわりに

いぬわーんは個人所有のWebサイトです。そしてペットフード製造業者といかなるアフィリエイト提携をしていません。

ただし、一部のオンライン小売業者 (Amazon・楽天市場・Yahooショッピング) からはアフィリエイト紹介料を頂いています。

これはいぬわーんの運営者を支援して、すべてのコンテンツを無料で公開することに繋がっています。

そしてドッグフードの批評を行う際に金銭的な誘惑によって評価を下すことなく、公平かつ偏りのない判断を下すことにも繋がっています。

詳細については「免責事項」をご覧ください。

リコール等情報

ドッグフードの最新リコールをすべて確認したい場合はこちらの「ドッグフードのリコール等情報」をご覧ください。

脚注

*1 腸内細菌学会, プロバイオティクス