アボ・ダーム ジョイントヘルス

アボ・ダーム ジョイントヘルスの批評(ドライ)

アボ・ダーム ジョイントヘルスはいぬわーんで高評価の4つ星を獲得しました。

評価:

※成犬用、グレインフリー

以下は同メーカーの関連製品です。ペットフードの表示に関する公正競争規約に則っている場合は、総合栄養食の表示とドッグフードが適応する成長段階が併記されています。

G=子犬、M=成犬・老犬、A=オールステージ、U=不明

重要:大型犬の子犬のためにドッグフードを選ぶ場合は、成長段階が成長期とオールステージに該当していても「大型犬の子犬にとって安全であるか」を確認してください。

アボ・ダーム ジョイントヘルスの原材料

原材料:​乾燥チキン、えんどう豆、鶏軟骨(コンドロイチン・グルコサミン源)、えんどう豆粉ひよこ豆、タピオカ、鶏脂肪、トマト繊維乾燥アボカド果肉、亜麻仁、アルファルファナチュラルフレーバー、卵、塩化カリウム、塩、海藻、アボカドオイル、ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ビタミンC、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸)、ミネラル(硫酸亜鉛、硫酸鉄、鉄アミノ酸キレート、亜鉛アミノ酸キレート、セレニウム酵母、銅アミノ酸キレート、硫酸銅、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム)、ローズマリーエキス、セージエキス、パイナップル、乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルス、ラクトバチルス・カゼイ、ビフィドバクテリウム・サーモフィラム、エンテロコッカス・フェシウム)

赤字は物議をかもします。

粗灰分=9%, 粗繊維=6% (推定乾物繊維量=6.6%), 水分=10%

測定方法タンパク質脂質炭水化物
ラベル保証30%12%NA
乾物基準33%13%44%
熱量基準33%32%36%

このドッグフードの最初の原材料は​乾燥チキンです。チキンは鶏の清潔な肉と皮です。骨の有無は問われません。羽毛、頭、足、内臓は含まれていません。人間用に売られている丸焼き用の内臓処理等を施された鶏と同じです。

チキンには犬が生命を維持するために必要な10種類の必須アミノ酸がすべて豊富に含まれています。

2番目の原材料はえんどう豆です。エンドウ豆は良質な炭水化物源で食物繊維が豊富です。エンドウ豆はタンパク質を含むので肉の含有量を判断する際に考慮すべき要素です。

3番目の原材料は鶏軟骨です。鶏軟骨は含まれるタンパク質のほとんどがコラーゲンです。コラーゲンは体内のあらゆる組織に存在し、細胞と細胞を繋ぐ接着剤のような役割を担っています。

また、骨・軟骨・関節・腱などの必須構成要素でもあるため股関節異形成や関節炎の改善に役立ちます。

4番目の原材料はえんどう豆粉です。エンドウ豆粉は乾燥させたエンドウ豆を挽いて粉状にしたものです。エンドウ豆粉には植物性タンパク質が含まれています。肉の含有量を判断するときに考慮しなければいけません。

5番目の原材料はひよこ豆です。ヒヨコ豆は炭水化物源で食物繊維が豊富です。ヒヨコ豆はタンパク質を含むので肉の含有量を判断する際に考慮すべき要素です。

6番目の原材料はタピオカです。タピオカはキャッサバの根茎からとれるデンプンです。グルテンフリーの炭水化物源であり、食材と食材とのつなぎの役割を担います。

7番目の原材料は鶏脂肪です。鶏脂は消化しやすい動物性脂肪であり、必須脂肪酸のリノール酸 (オメガ6脂肪酸) を多く含んでいます。ドッグフードに加えることで嗜好性を高める良質な油です。

8番目の原材料はトマト繊維です。トマト繊維は水溶性と不溶性の食物繊維がバランス良く含まれています。栄養的価値はないので繊維の利点以外、犬にメリットはありません。

9番目の原材料は乾燥アボカド果肉です。アボカドは物議をかもします。それはアボカドに含まれるペルシンと呼ばれる物質が特定の動物に毒性があることに関係しています。[1,2,3]

しかし、アボダームでは1982年からアボカド入りのドッグフードを販売しており、その長い販売実績からアボカドは犬に対して安全であると考えます。[4] 物議をかもす赤文字にしていますが、評価に悪影響与える食材と見なしていません。

10番目の原材料は亜麻仁です。亜麻仁はオメガ3脂肪酸の良質な供給源で健康的な毛質をサポートします。他にも食物繊維が豊富です。

亜麻仁はタンパク質を含んでいるので肉の含有量を判断するときに考慮しなければいけません。

ここまで原材料をリストの上から順番に見てきました。この製品には他にも多くの原材料が含まれていますが、これよりも下に位置する原材料は評価に影響を与えそうにありません

ただし、6つの例外があります。

まず、アルファルファです。アルファルファはタンパク質を含んでいますが、ここではタンパク質を増やす目的として使われているようには見えません。微量必須ミネラル (亜鉛、鉄、マンガン) およびビタミン (ビタミンA、ビタミンC) を加えるためのように見えます。

次に、ナチュラルフレーバーです。動植物から得られる天然の物質でドッグフードに香りを付け、嗜好性を高める目的で使用されています。原料に何が使われているのか不明ですが、極めて微量のため健康被害の危険がなく安全です。

そして、です。卵は殻を除いた卵黄と卵白で犬の成長と筋肉の発達に必要なすべてのアミノ酸を供給する完全なタンパク質源です。

それから、アボカドオイルです。アボカドオイルはほとんどがオレイン酸のような一価不飽和脂肪酸です。オメガ6脂肪酸も約14%ほど含み、犬の皮膚・被毛の健康に役立ちます。

しかし、前述したアボカドと同様にペルシンと呼ばれる特定の動物に対して毒性がある物質が含まれていることで物議をかもします。

次に、ミネラルはキレート化されています。キレート化されたミネラルは体に吸収されやすくなります。キレート化されたミネラルは通常、高品質のドッグフードに含まれていることが多いです。

最後に、多数の乳酸菌です。乳酸菌はプロバイオティクスのために含まれています。プロバイオティクスは「腸内フローラのバランスを改善することによって宿主の健康に好影響を与える生きた微生物」です。[5]

アボ・ダーム ジョイントヘルスの総合評価

アボ・ダーム ジョイントヘルスは原材料だけで判断すると平均以上のドッグフードに見えます。

しかし、原材料の品質だけではなく、成分 (タンパク質・脂質・炭水化物) と肉の含有量も評価を下すために重要です。

乾物基準ではタンパク質が33%、脂質が13%、推定炭水化物が44%と判明しました。

脂質とタンパク質の比率は約39%です。

一般的なドライタイプのドッグフードと比較するとタンパク質は平均以上、脂質は平均以下、炭水化物は平均以下。

エンドウ豆、エンドウ豆粉、ヒヨコ豆、亜麻仁、アルファルファで総タンパク質を増加させることを考えても、このドッグフードは適度な量の肉を含んでいるように見えます。

しかし、このドッグフードに植物由来のタンパク質が多く含まれているのが残念です。もし植物由来のタンパク質が少なければもう少し高い評価を下したでしょう。

アボ・ダーム ジョイントヘルスは動物性タンパク質の供給源として適度な量のチキンを使用した穀物を含まないドライタイプのドッグフードです。星4の評価を下しました。

とてもおすすめします。

評価はいぬわーんが推定した肉の含有量、脂質とタンパク質の比率、原材料の品質などの批評基準に基づいて決定しています。

グレインフリーと心臓病の潜在的な関係性

アメリカ食品医薬品局 (FDA) は2019年6月27日にグレインフリー (穀物を含まない) と拡張型心筋症との潜在的な関係について3回目の調査状況を発表しました。

詳しくは「FDAがグレインフリーと心臓病との潜在的な関連性を調査対象にする」をご覧ください。

おわりに

いぬわーんは個人所有のWebサイトです。そしてペットフード製造業者といかなるアフィリエイト提携をしていません。

ただし、一部のオンライン小売業者 (Amazon・楽天市場・Yahooショッピング) からはアフィリエイト紹介料を頂いています。

これはいぬわーんの運営者を支援して、すべてのコンテンツを無料で公開することに繋がっています。

そしてドッグフードの批評を行う際に金銭的な誘惑によって評価を下すことなく、公平かつ偏りのない判断を下すことにも繋がっています。

詳細については「免責事項」をご覧ください。

リコール等情報

ドッグフードの最新リコールをすべて確認したい場合はこちらの「ドッグフードのリコール等情報」をご覧ください。

脚注

*1 FDA, Potentially Dangerous Items for Your Pet

*2 ASPCA, Avocado

*3 PETPOISON HELPLINE, Avocado

*4 Avo Drem, WHY AVOCADOS?

*5 腸内細菌学会, プロバイオティクス

-星4

© 2021 いぬわーん